貸金業務取扱主任者

「貸金業務取扱主任者」資格試験は独学で合格できるのか?テキストは何で学習する?

湯川七八貴
湯川七八貴
「貸金業務取扱主任者」資格試験を受験する皆様、あなたは独学派?

よく聞かれる質問があります。それは、

「貸金業務取扱主任者」試験は独学でも勉強できますか?ということです。

答えは、

YES」です。

1.貸金業務取扱主任者の資格試験に合格するには?

合格するには独学が必要

貸金業務取扱主任者も資格試験ですから、結局最後は自分で勉強しなくてはいけません。

  • いくら「有名な」講座を受講したところで、
  • 「高いお金」を払ったところで、
  • 良い教材を使ったところで、

最後は自分の頭で判断して、自分の頭で納得して使いこなせるレベルまで学力を修練させる必要があります。

確かに予備校講座を受講することにもメリットはあります。

ただ、予備校の講座受講は受け身の勉強となりますから、必ずしも自分の頭で考えて勉強しているとは言い難いのです。

合格するためには、受動的な勉強ではなく、能動的な勉強なるべく早い段階から切り替える必要があります。

試験当日に、自分の頭で納得して解答を導き出す。

試験に合格するためには、結局は自らの意思で、知識・学力を身につけようという積極的な姿勢が要求されます。

積極的な姿勢は「独学」で勉強する決意が生じたときに現れます。

「独学」しなければ合格できない。

「独学でも合格できる」というよりも「独学しなければ合格できない」ということになります。

予備校講座は受講してもいいが、結局独学が必要

「では、TACなどの予備校講座を受講しないでも良いのか?」

という質問を受けることもあります。私の答えは、予備校講座は受講してもいいし、受講しなくてもよい、ということになります。

講座を受講する勉強方法は、その分野の知識がないときに、大まかな理解をするために選択する方法です。

人の話を聞くと言う受け身の勉強方法です。貸金業務取扱主任者の資格試験に合格するために必要となる「貸金業法関連」の知識と「民法」の知識がない方であれば、まずは予備校講座などを受講して、先生の話を聞いて、大まかな理解に努めることは確かに意味があります。

しかし、予備校授業を受けたとしても、大まかに理解できた後には、必ず自分の力で問題を解いたり、自分の頭で考える勉強が必要となります。

試験当日に正解に到達出来るまで、学力を高めていく必要があるのです。

2.合格するために必要となる独学勉強法は?

金業務取扱主任者の資格試験に勉強するためには、「自ら学ぶ」という姿勢が重要であり、「自ら問題を解く」ことが重要になります。独学で勉強することが必須なわけですが、

多くの受験生は会社で働きながらの勉強となるでしょうから、勉強法をする際には、勉強時間の確保が難しくなると思います。

忙しく会社員の方が多いでしょうから、勉強時間の確保自体がまず難しいことが通常です。

ですが、「自分の頭で理解」したり、「自分の力で問題を解く」という作業は、日常的に反復継続して続けないと意味がありません。

コツコツと、少しづつで良いので、毎日学習できる勉強習慣作りが大事となります。

仕事をしている皆さんの場合には「電車の中」で勉強できる環境づくりをすると良いでしょう。
「電車の中」に本を持ち込んで勉強をすることは難しいでしょうから、スマホを使って勉強できる環境づくりをすることをお勧めします。

私も通勤電車の中で、 貸金業務取扱主任者の試験に出題される範囲の「まとめノート」とポイントをついた「問題集」を使って勉強していました。

スマホに情報集約しておくことで、電車の中で立ちながらでも勉強できましたし、満員電車の中でも勉強できるの点が非常に良かったです。

通勤時間を利用して勉強していると、あっという間に電車が駅に到着します。帰ったらあとは寝る前にまたスマホを使って再度確認するなどして、無理なく勉強を継続していたのです。

貸金業務取扱主任者の資格試験に合格するために必要となる独学勉強法は、電車に乗っている時間を大事にする、ということが大きなポイントとなると思います。

3.どのように勉強をするのか?合格者ノートと問題集

本当であれば、独学をする際には、「自分でノート」を作ったり、「自分で問題集」を作ることが効果的なのです。

しかし、自分でノートを作るにしても、問題集を作るにしても、実際に学力として頭に定着させるためには、

作成したノートや問題集を何度も読み返すことが必要です。

よく勘違いする人がいます。ノートを作っただけで、ハタハタ問題集を作っただけで満足してしまう人です。

ノートや問題集はなんども読み返さないと意味がありません。なんども読むことで初めて学習効果が上がります。

ここでの問題は「ノート作り」「問題集作り」には時間がかかるということ。

忙しい受験生の皆さんは、合格者が使っていた優良なノートを使って勉強することが一番の合格への近道となります。

同様に合格者が使っていた問題集を使うことです。

合格者の真似をして、同じように勉強することで合格に限りなく近づくことができるのです。

4.通勤電車のなかでも勉強できる方法を!

忙しく働きながら勉強するみなさんですから、やはり電車に乗っている時間を有効活用すると良いと思います。

電車の中でも勉強できる方法を工夫してみてください。

電車の中で勉強する際には、本を沢山持ち込むことができません。解りやすくて、効果的な方法が詰まった勉強ツールで勉強しなくてはいけません。

スマホで勉強できる勉強ツールを探しましょう。電車の中で毎日コツコツと勉強すること。それだけで合格することはできます。

5.では学習教材テキストは何を使えばよいのか?

私も働きながら勉強をしていました。土日にまとめて勉強しようとしても、休日は休日でイベントが入ってしまったり、疲れてしまい勉強が手につかなかったりでした。

結局、一番勉強がはかどったのは「電車の中」でした。

電車の中で、あらかじめ自分がまとめておいた「ノート」と「問題集」を繰り返し解いたのです。

私の場合、実際に勉強した時間は2週間でした。

電車の中で、スマホを使って「ノート」と「問題と解答」を繰り返し読むだけ。

私がした勉強方法はそれだけです。結果として合格基準点を大幅に超えて合格することができました。

↓↓↓合格必勝の勉強サイトはこちら!

私の合格ノートを掲載したサイトはこちらです≫

貸金業務取扱主任者試験に2週間で合格した後、私は自分の勉強ノート問題集をサイト上に公開することにしました。

私と同じように働きながら勉強している方は多いはずです。
少しでも皆さんのお力になれればと思います。

合格するには、この勉強方法だけでも大丈夫です。この勉強方法でコツコツと隙間時間を使って勉強すれば合格できます。

予備校の講座を受講している人で、なかなか学力が上がらない人は、このサイトをぜひ試してください。

予備校講座を受講しても学力が上がらない理由は、自ら勉強する姿勢が足りない点にあります。自分の頭で考えて、自分の力で問題を解くことです。

こちらの勉強ノートには、試験で合格できるエッセンスを凝縮させています。

問題集も過去問を徹底的に分析した良問をセレクトしているのです。

また、ストレスなく効果的に勉強できる工夫が施されています。
ただ単にスマホで読むだけで合格できます。

使ってみれば実感できると思います。

貸金業務取扱主任者試験に2週間で合格した合格ノートはこちら≫

貸金業務取扱主任者の試験勉強に励む、皆様のお役に立てますように。

「やりたいこと」へ一直線!

気になる専門学校の資料を取り寄せておきましょう。

資料請求すると、キャンペーン期間中は1000円分のカードが貰えます。