社会保険労務士

合格者が語る!社会保険労務士になるには?⇒仕事内容、将来性と資格試験内容

合格者の草太
合格者の草太
社会保険労務士試験に合格しました!現在は最終の通信教育を受講中です。

なんとか社会保険労務士に合格できました!
社会保険労務士を目指すみんなに、有益情報をアレコレとお伝えできれば嬉しいです。

社会保険労務士とは?

社会保険労務士は「社会保険」と「労働保険」を専門としています。

「社会保険」であれば健康保険法・国民年金法・厚生年金法などの各法律が、「労働保険」であれば労基法・労働安全衛生法・労災法・雇用保険法などの各法律が、それぞれ対象領域となります。

合格率は近年は1桁台であり、社会保険労務士試験は難関資格の1つです。

なお記述式ではなく選択式であり、選択式であるにも関わらず合格率が1桁台という所に、社労士試験特有の難しさがあります。

公的な機関に提出する書類の中には社労士でなければ作成できないものもあるため、企業様と顧問契約を結ぶことで一定のお仕事を継続的にいただくことができる可能性があります。

最近では労基法改正に伴って「有給消化」や「残業規制」など労務環境に関する法規制が変化しており、そのような働き方の変化に対して社労士が対応したり企業様からの問い合わせに答えたりする必要性が増してきていると言えます。

そのため社会的に見ても、社労士の必要性・市場価値は今後上がっていくことが予想されます。

年金や健康保険等の知識は、自分自身が普段生活していく上でも必要な知識です。

既に企業で働いている方であれば、労基法や労災法について見識を深めることは、自分自身が普段働く上でも役立つことは間違いありません。

社会保険に関する知識というのは、知らないままであればそのまま過ごしてしまいがちですが、一度知れば普段の生活で非常に役立つ知識であり、社会保険のスペシャリストである社労士資格を取得することは大変大きな意味があると言えます。

社労士資格を取得した場合には、社労士事務所に勤務したり一般企業に就職して人事系の部署に配属してもらって社労士としての知識を活かす形になることが多いです。

ただ、個別の労務相談に乗るような形で困っている人1人1人に密接に対応するような、独立タイプ・開業型社会保険労務士もいます。

例えばブラック企業での劣悪な労働環境の中で心底困っている人に親身になって相談に乗ることもあり、1人1人のお役に立てるのが社会保険労務士の魅力だと思います。

社会保険労務士の仕事内容

 

社会保険労務士試験の内容

PBアカデミーで資格を取ろう!

PBアカデミーだけで学べることがある!