理学療法士・作業療法士

【リアルな評判】熊本総合医療リハビリテーション学院の口コミ!⇒学費、偏差値、入試倍率、オープンキャンパス!

卒業生のマキです。
卒業生のマキです。
「熊本総合医療リハビリテーション学院」の卒業生です。学校選びの参考にしてください!

私は「作業療法学科」を卒業しました。

熊本総合医療リハビリテーション学院の学費と入試基本情報

学科 理学療法学科、作業療法学科、臨床工学学科、義肢装具学科、救急救命学科
所在地 熊本県熊本市
学費 (初年度総額)
臨床工学・作業療法学科:150万円
臨床工学学科:145万円
義肢装具学科:190万円
救急救命学科:135万円
選考方法 AO入試:面談
高校長推薦入試:面接
一般入試:教科試験(国語と数学より1教科選択)・面接

リハビリの専門学校の学費相場は、どこもだいたい同じです。費用は変わらないと思います。

「熊本総合医療リハビリテーション学院」の学費も、大学に行くよりは少し学費が安いかな?と言う位です。

学費以外に必要となる実習費は他の学校よりも高いかなとは思います。

でも、「熊本総合医療リハビリテーション学院」では実習回数が他の学院よりも多いことに加えて、県外での実習の可能性もあります。

なのでその分多くの費用が必要になります。

「熊本総合医療リハビリテーション学院」は実習回数が多い分、しっかり学習や経験はできるかと思います。

熊本総合医療リハビリテーション学院の偏差値

熊本総合医療リハビリテーション学院には特に偏差値はありません。

「熊本総合医療リハビリテーション学院」の入学難易度は5/5点です。

私は指定校推薦での入学ということもあり、入試はほとんど面接重視でした。

面接で聞かれた内容は志望動機がメインです。あとは自分自身についてよく整理していれば回答できるかと思います。

「熊本総合医療リハビリテーション学院」は医療系の学校なので誠実そうに見える印象も大事かなと思います。

「熊本総合医療リハビリテーション学院」の在校生満足度は5/5点です。

熊本県内で最も歴史のある学校ということもあり、県内だけでなく県外からも入学してくる方が多いので先輩が多数います。

実習先も確保されており、外部講師も充実していたように思います。

また、「熊本総合医療リハビリテーション学院」には学科が5個あるため、医療に関わる他の職種の学生たちとも交流もあったので、知り合いの輪が広がりました。

熊本総合医療リハビリテーション学院の卒業生と就職情報

就職状況 病院、クリニック、行政機関、老人保健施設、福祉施設、医療機器メーカー、義肢装具製作所、消防機関などに就職しています
口コミ情報 特待生制度、授業料減免制度、日本学生支援機構奨学金、熊本県育英資金、熊本市奨学金などあり

「熊本総合医療リハビリテーション学院」の卒業生は、主に病院勤務の方がほとんどです。

卒業生の中には行政で働いている先輩もおられるようです。

就職活動をする上でよかったことは、実習先が充実しているので、希望する病院で実習中にアピールできることです。

実習中の態度や姿勢が評価されてスムーズな採用に繋がったり、同期や先輩からの情報交換で勤務環境を把握しやすいです。

それに、「熊本総合医療リハビリテーション学院」は老舗の学校なので、求人件数も他学校より多いのではないでしょうか。

熊本総合医療リハビリテーション学院の評判・口コミ

熊本総合医療リハビリテーション学院の特色

熊本総合医療リハビリテーション学院では、これまで培ってきた伝統的教育に加えて、新たな医療の実践教育を推進しています。

取得可能な資格は、

  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 臨床工学技士
  • 義肢装具士
  • 救急救命士

です。

「熊本総合医療リハビリテーション学院」は、リハビリテーション学院と総合福祉学院が統合し、今は5学科で成り立っている学院です。

リハ職だけでなく、医療に関わる他職種との交流ができることも大きな特徴だと思います。

体育祭や文化祭、サークル活動も充実しているので今では良い学生時代の思い出があります。

「熊本総合医療リハビリテーション学院」自体は熊本市郊外にあるため自然も多く、一人暮らしの賃貸相場は安めだと思います。

私も一人暮らしをしていたのですが、帰省の際は熊本インターから距離が近いのでありがたかったです。

熊本総合医療リハビリテーション学院に入学後学べること

「熊本総合医療リハビリテーション学院」では、リハビリテーション職に必要となる医療知識はもちろん、接遇やマナー、コミュニケーションには特に力を入れていると思います。

演習や実習が多く当時は嫌々な気持ちもありましたが、今となっては仕事に生かされています。

作業療法士になるには国家資格の取得が大前提ですが、国家資格の他にも接遇マナー検定や福祉住環境コーディネーター試験は必須でした。

学院では障害者スポーツ指導員の資格も取得できたと思います。

就職活動をする際には、履歴書に書けることが増えるので有利だと思いますよ。

熊本総合医療リハビリテーション学院に入学後のライフスタイル

「熊本総合医療リハビリテーション学院」に入学後は、はじめての一人暮らしということもあり、嬉しさと寂しさが入り混じっていました。

「熊本総合医療リハビリテーション学院」周辺には同じように一人暮らしの友人も多くいたので、遊びと勉強とアルバイトと楽しみながら過ごしていました。

試験期間中は大変ですが、長期休暇もあるのでモチベーションに繋がりました。

「熊本総合医療リハビリテーション学院」の講師はみんな個性的です。

先生はそれぞれの専門分野があるので、どんな質問にも丁寧に対応して頂けました。

専門学校選びの際に迷った学校

「熊本総合医療リハビリテーション学院」は熊本市郊外にあるところが一番ネックだったと思います。

学生たるもの遊びたい盛りでもあるので、買い物や飲み会、アルバイト先など多少の不便さはあるかもしれません。

私は複数学校のオープンキャンパスに行きました。

県外の学校や、街に近いところも迷いました。駅チカや街中に新しい学校がどんどんできる中ですが、やはり昔からの実績や信頼感から熊本総合医療リハビリテーション学院を選びました。

熊本総合医療リハビリテーション学院の評判・口コミ

どの医療職にも言えることですが、本当に●●になりたいか?どうかだと思います。決して安い学費ではないですし、勉強する知識量も膨大です。「熊本総合医療リハビリテーション学院」にも学年を上がるごとに辞退する人、試験で落ちて留年する人は必ずいます。自分は絶対この仕事に就くんだという強い意志があればなんとかなると思います。たとえ勉強ができなくても先輩や先生に教えてもらったり、試験前は友人と集まって対策を頑張れば乗り越えられると思います。
リハビリテーション職は飽和状態になりつつありますが、作業療法士はまだまだ可能性がある職業だと思います。求められる範囲も何年広がっています。いくつもの試験勉強や実習は決して楽しいばかりではありませんが、医療職として厳しい中を乗り越えてきた経験はとても大事になると思います。将来の姿を想像しながら受験勉強を頑張ってくださいね。

 

 

気になる専門学校には必ず資料請求してください。

学校から送られてくる資料にしか掲載されていない情報が沢山あるからです。今年の募集定員・募集時期・締切日など資料を取り寄せないと解らないことも。

実際に応募しないときにも専門学校選びにと〜っても役に立つので早めに取り寄せておきましょう!

「やりたいこと」へ一直線!

気になる専門学校の資料を取り寄せておきましょう。

資料請求すると、キャンペーン期間中は1000円分のカードが貰えます。