理学療法士・作業療法士

【リアルな評判】専門学校社会医学技術学院の口コミ!⇒学費、偏差値・入試倍率、就職、オープンキャンパス!

理学療法士の圭介です。
理学療法士の圭介です。
専門学校社会医学技術学院の卒業生です。専門学校選びの参考にしてください!

社会医学技術学院専門学校は、東京都小金井市にあって、理学療法学科(昼間部・夜間部)、作業療法学科(夜間部のみ)があります。

理学療法学科を卒業して、脳神経外科の病院で「理学療法士」をしています。

専門学校社会医学技術学院の学費と入試基本情報

学科 理学療法学科、作業療法学科
所在地 東京都小金井市
学費 初年度納付金
昼間:166万円 夜間:129万円
選考方法 AO入試:AO課題審査・面接審査・書類審査
指定校推薦入試、高校推薦入試:小論文・面接
社会人入試:小論文・面接
一般入試:小論文・面接・英語
特別入試:小論文・面接

専門学校社会医学技術学院は、都内にある、私立の理学・作業療法士養成の専門学校では、非常に安い学費だと思います。

例として、社会医学技術学院の理学療法学科(昼間部)の3年間の学費は、約426万円なのに対し、他の都内の養成校では600万から700万円かかる所も多くあります。

学費が安いからと言って講義の内容が低いわけではなく、むしろ伝統校である為講師や講義内容の質は非常に高く国家試験の合格率も高水準を保っています。

専門学校社会医学技術学院の偏差値

専門学校社会医学技術学院には特に偏差値はありません。

理学療法学科(昼間部)についてお話しすると、入学難易度は「4/5点」です。学費が安いため、他の学校と比較して、入試倍率が高くなる傾向にあります。

一般入試で受験する場合、過去問研究は必須です。

入学者の多くが、都内の医療系予備校出身者です。金銭的余裕があれば受験に向けて予備校に通うのも選択肢のひとつだと思います。

入学試験の面接では、シンプルに

  • どの様な理学療法士になりたいか?
  • なぜ理学療法士になりたいか?

ということを、じっくり聞かれた記憶があります。

他の専門学校だと、4年間で行う事が多いカリキュラムを、専門学校社会医学技術学院では3年間で実施する為、非常に忙しいです。

社会医学技術学院では、講師や講義内容も充実しているので、非常にやりがいのある学生生活になると思います。

専門学校社会医学技術学院の卒業生と就職情報

就職状況 就職率 100%
口コミ情報 医療施設の奨学金、社会医学技術学院奨学金、学費分納制度あり

社会医学技術学院には、有名人とは言えないかもしれませんが、現学院長の山田千鶴子先生はリハビリテーション技術者として非常に高名な方です

卒業生たちは、主に都内のリハビリテーション病院、大学病院、クリニック、介護保険施設で働くことが多いと思います。

ここは非常に強調したいポイントとなりますが、社会医学技術学院は歴史の長い伝統校であるため、都内病院・施設のリハビリテーション科に非常に多くの卒業生が在籍しています。

就職活動はかなり有利になると思います。

専門学校社会医学技術学院の評判

専門学校社会医学技術学院の特色

専門学校社会医学技術学院では、現場で「即戦力」と認められる人材を育成しています。

対象者(患者さん)とのコミュニケーションの取り方や社会人としてのマナーも在学中に習得できるので、医療人としてだけでなく、社会人としても信頼されます。

取得可能な資格は、

  • 理学療法士
  • 作業療法士

です。

新設校もとても多い昨今、療法士育成にかけてのノウハウが他と比較しとても蓄積されているのが、社会医学技術学院の特徴だと思っています。

実習、そして国家試験合格に向け必要十分な内容を講義と実技で学ぶ事が出来、また学外の病院や施設とのつながりも広いため、施設見学や実習にも困らず就職に当たっての選択肢がとても広いです。

どの学科も基本的に40人前後の少人数である為、生徒と講師、また生徒同士の距離が非常に近くアットホームな雰囲気なのも特徴です。

専門学校社会医学技術学院に入学後学べること

社会医学技術学院では、理学療法学科・作業療法学科共に、初年度は解剖学・生理学・運動学等の基礎医学を徹底的に履修する事になります。

柔道整復師などの類似資格と一番差別化されるポイントが「運動学」を学ぶ事だと思います。

歩行や関節の運動がおこる中で、解剖学的・生理学的にどういった事が身体に起きているのかを学べます。

そして二年次以降は病理学や実際のリハビリテーション医学を学び、現場で働く実践力を身につけていきます。

理学療法学科の卒業で、理学療法士国家試験受験資格が得られます。

専門学校社会医学技術学院に入学後のライフスタイル

社会医学技術学院では、通常であれば4年間で学ぶことも多い内容を3年で履修する為、学生生活は非常に多忙なものになると思います。

特に定期試験期間や実習前、卒業論文作成期間や国家試験前は、アルバイト等をする余裕はほとんど無くなると考えておきましょう。

なので、本当に療法士になりたいと強い思いが無い場合は、途中で挫折する事も多いため、入学前にある程度覚悟が必要かもしれません

これまで話させて貰った通り、社会医学技術学院の講師・講義の質は非常に高いと思います。講師と生徒の距離も近く、相談は非常にしやすいです

専門学校選びの際に迷った学校

私の場合、もともと学費の問題があったのと、OBから当学院の質の話は十分に聞いていた為、他の選択肢はなく、社会医学技術学院を受験しました。

受験に失敗した際は浪人するつもりでしたので、他に迷った学校はありませんでした。

専門学校社会医学技術学院の評判

卒業生
卒業生
社会医学技術学院は、受験倍率が高くなる学校である為、受験前にしっかり入試対策を立てる事が絶対に必要です。入学してからも非常に多忙なカリキュラムとなる為、療法士になりたいと強い希望が無い方はあまり受験をおすすめ出来ないかもしれません。入学後は特に実習に向けての準備を怠らない様にするべきだと思います。実際私の周りで留年、自主退学となった方のほとんどが実習での失敗であった為、十分に準備・勉強して臨むべきだと思います。
卒業生
卒業生
社会医学技術学院での3年間は非常に忙しく、目まぐるしい日々になります。特に実習の期間は実際の患者さんを前にして悩むこともあるかもしれません。でも、理学療法士になりたいという夢はこの学院で学べばきっと叶うと思います。非常に質の高い講師の先生たちと共に一生懸命頑張って、確かな技術を持ち患者さんに寄り添える理学療法士になって下さると嬉しいです。

 

 

気になる専門学校には必ず資料請求してください。

大学から送られてくる資料にしか掲載されていない情報が沢山あるからです。今年の募集定員・募集時期・締切日など資料を取り寄せないと解らないことも。

実際に応募しないときにも専門学校選びにと〜っても役に立つので早めに取り寄せておきましょう!

「やりたいこと」へ一直線!

気になる専門学校の資料を取り寄せておきましょう。

資料請求すると、キャンペーン期間中は1000円分のカードが貰えます。