看護師の専門学校

【リアルな評判】丹波市立看護専門学校の口コミ⇒学費、偏差値・入試倍率、就職、オープンキャンパス!

看護師の田中です。
看護師の田中です。
丹波市立看護専門学校の卒業生です。専門学校選びの参考にしてください!

丹波市立看護専門学校の学費と入試基本情報

学科 看護学科
所在地 兵庫県丹波市
学費 63万円~69万円(初年度納入金)
選考方法 学科試験、面接

丹波市立看護専門学校は、現在、市が運営している専門学校であり、学費は激安だと思います。

学費が安い理由としては看護のプロフェッショナルである経験年数20年以上の看護師の方が教員をされているからです。

看護以外の専門分野(臓器や疾患に関すること)は、隣接の兵庫県立柏原病院の医師が講師として授業して下さるので、より専門性の高い勉強ができます。

丹波市立看護専門学校には、学費が安いため入学した学生が多いです。

丹波市立看護専門学校の偏差値

丹波市立看護専門学校には特に偏差値はありません。

昨年までは県が運営しており、現在は市が運営している専門学校ということもあり、競争率は高めです。

合格倍率そのものは1.5倍前後ですが、看護大学を目指している学生が抑えで受験していることが多いので専門学校1本に絞っている学生のレベルだと、合格が難しい場合もあります。

入学する際のことですが、ペーパーテストはさほど難しい印象はありません。

丹波市立看護専門学校では、入試選考に際して、面接をかなり重視しているようです。

私の時は集団面接でしたが、実際に看護に対する思いをじっくりと聞かれたので、事前に自分の熱意や思いをまとめて、何を聞かれても答えられるようにしておきましょう。

丹波市立看護専門学校の卒業生と就職情報

就職状況 兵庫県内の病院に多く就職しています。
口コミ情報 学生寮あり

丹波市立看護専門学校の卒業生は、病院などで師長をされているのは事実です。

卒業生の主な就職先ですが、地方から寮に入って学んでいる学生も多く、就職先は多々あります。

隣接する柏原病院を隣の市の兵庫医科大学篠山医療センター、さらに隣の市の三田市民病院、神戸中央病院など大学病院や市の中核病院へ就職される方が多いです。

転職活動に関しては学校では目立ったサポ―トはありません。

私の場合は卒業する年(3年生)の夏休みを用いて就職活動をしました。学校から大きなサポートはありませんが、教員に相談すれば個別の相談会はあります。

丹波市立看護専門学校の評判

丹波市立看護専門学校の特色

丹波市立看護専門学校は、昭和46年に兵庫県立柏原高等看護学院として開学し、昭和52年兵庫県立柏原看護専門学校に名称変更、平成27年に丹波市立看護専門学校として開校しました。令和元年には新築移転予定です。

豊かな人間性と自己啓発できる能力を持ち、看護の専門職人として必要な基礎的知識・技術・態度を習得し、地域に貢献できる看護実践者を育てます。

取得可能な資格は、

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師学校、助産師学校受験資格
  • 専門士の称号
  • 大学3年次編入試験受験資格

です。

かなりの過疎地域にある専門学校ですが、野山に囲まれ穏やかに学ぶことができます。

看護に関しては経験豊富な看護師が教員をしており、臓器や専門疾患に関しては隣接する柏原病院に在籍している現役の医師や検査技師、心理士、理学療法士などの専門職スタッフが講師をしてくれることでよりリアリティのある学びを得ることができます、

実習先も様々な病院と連携しており、実習時の通学は不便ですが、自分の将来働きたいと思っている病院が実習先ということもあります。

丹波市立看護専門学校に入学後学べること

丹波市立看護専門学校に入学したら、医療、看護専門分野に関する教育と、実習での実地経験を積むことができます。

実習室もあり実技の練習を個人やグループで行うことができます。

授業で専門知識を学び、それを生かして実技練習をし、それを実地実習で行う。これの繰り返しです。

これらを3年間学び全員が卒業して得ることができる看護師国家試験の受験資格の取得及び、正看護師資格の取得を目指します。

丹波市立看護専門学校に入学後のライフスタイル

入学後のライフスタイルとしては朝起きて学校に登校し、授業を受けます。

休み時間などはテストに向けて自己学習や、余裕があれば他の学生とコミュニケーションや談笑をして過ごしていました。

授業が終われば実技の練習の振り返りであったり、自宅で実習のレポートを書くなどしていました。

先生は看護師ということもあり、とれも相談しやすいです。また、学校そのものが家族のような雰囲気ですので先輩とも距離が近いです。

専門学校選びの際に迷った学校

専門学校選びの迷った学校はありません。丹波市立看護専門学校に決めた理由は学校見学の印象でした。

学校見学で、先輩方と話す機会があり、本当に和やかな雰囲気でなんでも相談しやすい環境であることと、教員の方も非常に優しかったことが大きな決め手でした。

学校が長閑なところにあるので、都会のせわしない雰囲気が苦手な私にとってはのんびりと学べると思いました。

丹波市立看護専門学校の評判

看護師
看護師
丹波市立看護専門学校は、かなりの過疎地域にありますので、学生生活を送りながらも休日は都市部で遊びたいと考えている方には不向きかもしれません。実際に都市部に出ようとすると駅からは電車は1時間に1本しかありませんので、都市部へも2時間はかかります。課題やテストも多いので、授業後や帰宅後に意識的に自己学習できなければ最悪の場合留年になることもありますので、自己管理をしっかりする必要があります。
看護師
看護師
丹波市立看護専門学校を受験するには指定科目の基本的なことができていらばペーパーテストがクリアできます。重要なのは面接ですし、入学してからも何よりも何故自分は看護師になりたいのか、看護師になって何がしたいのかを明確に意思として持っていなかれば学生生活を続けることは難しいと思います。看護師になるという熱意さえあればとても楽しく過ごせます。のごかで穏やかな学校ですので頑張ってください。

 

気になる専門学校には必ず資料請求してください。

学校から送られてくる資料にしか掲載されていない情報が沢山あるからです。今年の募集定員・募集時期・締切日など資料を取り寄せないと解らないことも。

実際に応募しないときにも専門学校選びにと〜っても役に立つので早めに取り寄せておきましょう!

「やりたいこと」へ一直線!

気になる専門学校の資料を取り寄せておきましょう。

資料請求すると、キャンペーン期間中は1000円分のカードが貰えます。