俳優・声優の専門学校

【リアルな評判】アミューズメントメディア総合学院「声優科」の口コミ⇒学費、偏差値・入試倍率、就職、オープンキャンパス!

卒業生の高田です。
卒業生の高田です。
アミューズメントメディア総合学院の学生です。専門学校選びの参考にしてください!

私は声優科に在籍しています。明治大学にも在学中です。

アミューズメントメディア総合学院「声優科」の学費と入試基本情報

学科 ゲームプログラマー学科、ゲームプランナー学科、ゲーム・アニメ3DCG学科、アニメーション学科、キャラクターデザイン学科、マンガイラスト学科、小説・シナリオ学科、声優学科
所在地 東京都渋谷区
学費 120万円~138万円
選考方法 早期出願制度、AO入学制度:エントリーシート・面談
推薦入試、一般入試:書類選考

アミューズメントメディア総合学院の学費は一般的には高いと思いますが、声優系の学校と考えれば相場です。

ただ、ほとんどの人は声優にはなれないし、資格を取れるわけでもありません。

つぶしがきくような技術が身につくわけではないので、その高い学費が自分の能力と見合うかよく考えた方がいいです。

卒業後そのままフリーター同然の道を歩む覚悟があり、その夢に対する金額としては安くないと思えるかは、そのひと個人によります。

アミューズメントメディア総合学院「声優科」の偏差値

アミューズメントメディア総合学院には特に偏差値はありません。

入学難易度は高くありません。正直誰でも入学できます。年齢的にも厳しそうな人でも入ることができます。

在校生満足度は高いです。確かに講師の当たり外れが多いですが、いい講師がたくさんいらっしゃいます。

アミューズメントメディア総合学院には、ダンスや歌の授業も多く、アイドル声優を目指す人にはちょうどよいだろうなと思えるようなカリキュラムがあります。

\今すぐチェック!!/
資料請求・体験説明説明会はこちら▶︎▶︎

アミューズメントメディア総合学院の卒業生と就職情報

就職状況 ゲーム・アニメ・ソーシャル・WEB・デザイン分野への就職、プロダクションへの所属、イラストレーター・マンガ家・小説家デビューなどです。
口コミ情報 国の教育ローン、新聞奨学生制度、学生寮あり。

アミューズメントメディア総合学院「声優科」を卒業した有名人には「芹澤優」「加藤英美里」がいます。

卒業生のうち、大手預かりになる人はごく少数です。

そのほかは弱小事務所、大手事務所付属の養成所、劇団員などに進路が決まります。最終的にフリーターの道に進む人も少なくありません。

ただ、事務所所属オーディションは二年間通えばだれでも受けることができ、大手から弱小までたくさんのオーディションをだれでも受けることができるというのは専門学校ならではの強みであります。

アミューズメントメディア総合学院「声優科」の評判

アミューズメントメディア総合学院の特色

アミューズメントメディア総合学院は、夢を夢で終わらせない。AMGの「産学”共”同」システムで長くサポートしつづけていきます。

「プロ」の制作現場で学ぶことで、より質の高い教育を実現しています。また学院が卒業生、在校生と連携し、在学中にプロデビューが可能です。

アミューズメントメディア総合学院には、設備がとても整っていると思います。豊富な練習教室に、本番でのスタジオさながらの機材や部屋などが用意されています。

本格的なホールがあり、人前で発表などもここで行いますので、プレッシャー慣れができます。

別の科での卒業制作でアニメーションを作成しているところがあるのですが、そのオーディションに合格すると、そのアニメに出ることができます。

自分がそのキャラ専属の声優になれるので、声優らしさを感じることができます。

アミューズメントメディア総合学院「声優科」に入学後学べること

アミューズメントメディア総合学院に入学後、最初は基礎の基礎からスタートします。

発声練習では腹式呼吸、活舌などを徹底的に教え込まれます。もちろん、自主トレーニングが足りなくてここでついていけない人もいます。

台本の読解の仕方。業界研究。アテレコ実習などがあります。また、ダンスや歌のレッスンなど、タレントとしての授業もあり、そこでは表現するということはどういうことかというのを教えてもらえます。

アミューズメントメディア総合学院「声優科」に入学後のライフスタイル

入学後は、夢に思い描いたような楽しい学生生活が始まります。基本的にスクールカーストで下の方の人が集まるので、声優を目指そうという人にとってはとても居心地がいいところになります。

部活動もあるので、共通の趣味を持った友達が作れます。そもそも声優志望の人は話が合いやすいので、クラスメイトと話題がないということはないでしょう。

講師は厳しい人もいればそうでない人もいます。人によって言っていることが違ったりすることはあるので、柔軟に対応する力が必要です。

専門学校(声優科)選びの際に迷った学校

わたそは、青二プロダクション、81プロデュース、マウスプロモーション、プロフィット、シグマセブンなどの大手声優事務所の付属養成所と迷いました。

専門学校の中ではアミューズメントメディア総合学院一択でした。

なぜなら、ほかの専門学校は大手声優事務所とのつながりが薄そうだからです。

大手声優事務所付属養成所にしなかったのは、その養成所にはいると、そこ一択になってしまうからです。

アミューズメントメディア総合学院「声優科」の評判

卒業生
卒業生
アミューズメントメディア総合学院に入学したら、周りに流されないようにしてください。周りは高校生活の延長で、学生生活をエンジョイしだします。ですが、プロの養成機関に入ったということを忘れてはいけません。顔がいい人がひいきされるというのは当たり前です。なぜなら、顔が良いというのはそれだけで商品価値があるということなのです。それを理由にし、努力を止めてはいけません。逆に、顔が良くてひいきされているというのを自分の実力だと勘違いしてうぬぼれてはいけません。どんな人でも常に気を引き締めておいてください。
卒業生
卒業生
最終的に大手から弱小までたくさんの声優事務所を受けることができるというチャンスは、卒業さえすれば誰にでも巡ってきます。ですが、それに甘えてはいけません。最後のオーディションだけ頑張っても結果はついてこないし、たまたまうまくいっても早いうちに頓挫します。アミューズメントメディア総合学院は中間地点だし、所属オーディションがやっとスタートラインであるということを忘れないでください。
卒業生。
卒業生。
気になる専門学校には必ず資料請求するか、説明会に参加してください。

資料と体験でしか解らない情報が沢山あるからです。

\今すぐチェック!!/
資料請求・体験説明説明会はこちら▶︎▶︎

今年の募集定員・募集時期・締切日など資料を取り寄せないと解らないことも。

実際に応募しないときにも専門学校選びにと〜っても役に立つので早めに取り寄せておきましょう!

「やりたいこと」へ一直線!

気になる専門学校の資料を取り寄せておきましょう。

資料請求すると、キャンペーン期間中は1000円分のカードが貰えます。