食・栄養・調理・製菓

【リアルな評判】広島酔心調理製菓専門学校の口コミ!⇒学費、偏差値・入試倍率、就職、オープンキャンパス!

卒業生の裕子です。
卒業生の裕子です。
広島酔心調理製菓専門学校の卒業生です。専門学校選びの参考にしてください!

私は製菓衛生師科の出身です。

広島酔心調理製菓専門学校の学費と入試基本情報

学科
  • 調理師科(2年コース、1年コース)
  • 製菓衛生師科(2年コース、通信課程 1年コース)
所在地 広島県広島市
学費 ・調理師科 133万円
・製菓衛生師科 153万8000円
(初年度納入金)
選考方法

広島酔心調理製菓専門学校「製菓衛生師科」は、学費の額面だけを見ると「高いな〜」と感じるかと思います。

確かに、広島県内でももっと学費を抑えられる学校もあります。

しかし、広島酔心調理製菓専門学校「製菓衛生師科」では2年間をかけて基礎からしっかりと学ぶことが出来、プロの現場に近い実習をこなしていくことで就職してからの即戦力になれる力を身につけることが出来ます。

そのため、広島酔心調理製菓専門学校では、他の学校では学べない知識と経験を得られることを踏まえると、この学費でも安いのではないかと考えています。

\キャンペーン期間は図書カードが貰える /
広島酔心調理製菓専門学校の詳細資料を取り寄せる≫

広島酔心調理製菓専門学校の偏差値

広島酔心調理製菓専門学校には特に偏差値はありません。

広島酔心調理製菓専門学校の入学難易度は2点/5点です(入りやすい)。

高校で平均点程度の評価をもらえていれば、推薦入試となり、面接だけの入試となります。

面接官2、3人で10~15分程度の面接です。面接では、志望動機や高校で学んだこと、自分の長所と短所、将来どうしたいか等を聞かれました。落ち着いて答えれば問題ない質問ばかりです。

在校生満足度偏差値は、4点/5点です。

モチベーションが高い生徒はどんどん吸収していけるため、楽しい学校生活になっています。

ただきっちりと毎日詰まったカリキュラムのため、モチベーションの低い生徒にはついていくのが厳しい場面があるかもしれません。

広島酔心調理製菓専門学校の卒業生と就職情報

就職状況 就職先の分野としては、洋食35%、製菓19%、和食17%、給食7%、中華6%、カフェ2%、製パン2%、その他11%となっています。
口コミ情報 特待生制度、広島酔心調理製菓専門学校授業料減免制度、教育訓練給付制度、日本学生支援機構奨学金制度などあり。

広島酔心調理製菓専門学校「製菓衛生師科」の卒業生は、広島県内外のケーキ屋さん、ホテル、パン屋さん、カフェなどに就職しています。

就職活動する上でのメリットは、広島酔心調理製菓専門学校の先生・職員方が、生徒達の希望へ親身になってサポートして頂ける点です。

学校への求人もありますが、希望のお店等があればそちらへ学校からも掛け合ってもらえます。

就職出来るかどうかは本人頑張り次第ですが、アドバイスをしっかり頂けるので多くの学生は就職を決めています。

広島酔心調理製菓専門学校の評判・口コミ

広島酔心調理製菓専門学校の特色

広島酔心調理製菓専門学校は、現場で役立つカリキュラムと実践的な環境で『口福』をつくるプロをめざします。

調理師科は日本料理、西洋料理、中国料理、集団調理、和洋菓子全てを学び、自分が目指す道を選択します。

茶道やフラワーアレンジメント、テーブルマナーなどを通して感性を磨き、トータルバランスに優れた料理人を育成します。

製菓衛生師科は、知識、技術、そして製菓・製パンに欠かせない発想力まで学び、世界で活躍できるプロを育成します。また、製菓業界の国家資格「製菓衛生師」の取得に向けてバックアップします。

取得可能な資格は、

  • 製菓衛生師
  • 調理師

製菓衛生師科では、洋菓子・和菓子・製パンなど300種類以上ものレシピを一人一台作りながら学べます。

月に1度程度校内でパンや焼き菓子などの販売も行っています。ここで販売する商品も生徒たちが作ります。

設備もしっかり整っており、実習室はもちろん学校の隣にはチョコレートを専門で扱う施設も併設してあります。こちらでは卒業生が研究生として学校に就職し、一般のお客様にチョコレート菓子などの販売も行っています。

座学では製菓衛生師に必要な知識を学べ、国家試験に向けての対策もしっかりされているので、安心して資格試験に臨めます。

広島酔心調理製菓専門学校に入学後学べること

広島酔心調理製菓専門学校「製菓衛生師科」は2年制です。

1年生のうちは基礎、基本の勉強が主になります。一人一台のケーキを作ることができ、ひとつひとつの作業のポイントも細かく指導していただけるので理解しながら進めていくことができます。

もし苦手な工程やレシピがあっても、放課後実習室を借りて自主練習することも可能です。

2年生になると現場に近い実習が主になります。

グループごとに与えられたメニューを時間内にこなす大量生産を経験出来ます。ここでチームワークや計画の立て方、失敗したときの対処の仕方など多くのことが学べます。

広島酔心調理製菓専門学校に入学後のライフスタイル

広島酔心調理製菓専門学校「製菓衛生師科」に入学すると、座学と実習で日々忙しいですが、一学年に一クラスしかないためみんな仲がいいです。男女比は1対3くらいで女子が多いです。

放課後は希望者はコンテストに向けたクラブ活動に参加出来るので、そちらでマジパンやアメ細工などの技術を磨いています。

調理師科が併設されているため、昼食は調理師科の作った給食があります。(学費に含まれています。)

広島酔心調理製菓専門学校「製菓衛生師科」の先生方は授業中は厳しい場面もありますが、普段の休憩時間や放課後などは気さくに話してくださいます。ユニークな先生もいらっしゃるので楽しいです。

講師の方は有名なお店の方が多いので、ためになるお話を聞くことが出来ます。

専門学校選びの際に迷った学校

私は「広島製菓専門学校」と「広島ビジネス専門学校」にも興味がありました。

いずれの学校にも体験入学は行ってみました。

設備もしっかりしており、授業も分かりやすかったことに魅力を感じました。

そばについてサポートしてくださった先輩方も優しく、とてもかっこよく見えました。

また先生方や学校の雰囲気を見て、こちらの学校が一番私にあっていると感じたため、入学を決めました。

広島酔心調理製菓専門学校の評判・口コミ

製菓衛生師科
製菓衛生師科
入学前にやっておくべきことよりも、広島酔心調理製菓専門学校に入学後、どれだけモチベーションを保てるかが重要であると思います。
真面目にコツコツ授業や実習に取り組んだ生徒とそうでない生徒の差は日に日に広がっていくばかりです。先生方もサポートはしてくださいますが、義務教育ではないのでやる気のある生徒の方がチャンスをもらえる場面もあります。
分からないこと・出来ないことをそのままにせず、その原因と向き合って克服していくことでとても楽しく充実した学校生活が送れます。
製菓衛生師科
製菓衛生師科
受験自体は落ち着いて挑めばきっと大丈夫です。
それよりも広島酔心調理製菓専門学校に入学後の生活を大事にしてください。
毎日、色々な経験や学ぶことがたくさんあります。それを1つでも多く吸収しようと頑張って下さい。
必ず自分の為になります。結果もついてきます。
コンテストなどに挑戦するチャンスもあるので、ぜひチャレンジしてみてください。
挫けそうなときは友達や先生方に相談してみるといいと思います。同じ悩みの友達もいるかもしれません。一緒に乗り越えることが出来れば、充実した日々になります。
夢に向かって頑張って下さい!

 

\キャンペーン期間は図書カードが貰える /
広島酔心調理製菓専門学校の詳細資料を取り寄せる≫

気になる専門学校には必ず資料請求してください。

学校から送られてくる資料にしか掲載されていない情報が沢山あるからです。今年の募集定員・募集時期・締切日など資料を取り寄せないと解らないことも。

実際に応募しないときにも専門学校選びにと〜っても役に立つので早めに取り寄せておきましょう!

「やりたいこと」へ一直線!

気になる専門学校の資料を取り寄せておきましょう。

資料請求すると、キャンペーン期間中は1000円分のカードが貰えます。