食・栄養・調理・製菓の専門学校

【リアルな評判】ニチエイ調理専門学校の口コミ!⇒学費、偏差値・入試倍率、就職、オープンキャンパス!

調理師の山川です。
調理師の山川です。
ニチエイ調理専門学校の卒業生です。専門学校選びの参考にしてください!

ニチエイ調理専門学校の学費と入試基本情報

学科 食品技術管理専門士科、調理師科
所在地 愛知県名古屋市
学費 127万円~137万円
選考方法 AO入試:面談
推薦入試:書類選考・面接
一般入試:筆記試験・面接
自己推薦入試:書類選考・面接

ニチエイ調理専門学校の学費は2年間で200万円程度かかりますが、安いというわけでもなく高いというわけでもないと思います。

2年間、毎週4回の頻度で調理実習が行われます。長期休暇の期間以外は毎週実習をするため食材費は結構な金額になります。

水道やガス電気といった光熱費に、座学の授業料と、学校自体の管理運営費を合わせたら周辺の調理師免許のとれる専門学校と比べても一般的な値段です。

さらに授業後に2時間程度実習室を使って実技試験の練習や実習で作った料理の復習なども行えます。

現場の第一線で働いている人から料理のさまざまなこと教えてもらえるし、卒業と同時に調理師免許を貰えるので、専門士の資格を貰えるとなると安いと思います。

ニチエイ調理専門学校の偏差値

ニチエイ調理専門学校には特に偏差値はありません。

ニチエイ調理専門学校への入学は簡単ではないかもしれません。

しかし、資料請求して、体験入学に何度も足を運んで、AO入試を受ければ合格しないということは基本的にありません。

在学する高校からの推薦で受ける推薦入試も面接試験だけで、ほとんどの人が合格します。

一般試験も定員に達するまで行われますが、よっぽど成績が悪くない限り合格しないことはないでしょう。

AO入試や推薦入試では面接試験が行われますが、面接ではそこまで難しい内容が聞かれるわけでもなく、志望動機とか将来どういった道に進みたいのかなどを話せれば大丈夫です。

在学中に不満に感じることはなく、満足した学生生活を送ることができました。

駅からもそこまで離れておらず、周辺にはスーパーやコンビニがあり周辺環境は優れています。

名古屋の街中に少し前に建てられた校舎のため、少し狭いなと感じる程度です。

ニチエイ調理専門学校の卒業生と就職情報

就職状況 ホテル、レストラン、結婚式場、給食、病院、製菓店、カフェなどに就職しています。
口コミ情報 日本学生支援機構奨学生制度、専門実践教育訓練給付などあり。

ニチエイ調理専門学校の卒業生の主な進路は、調理師免許を活かして飲食業界に進む人がほとんどです。

ジャンルを問わず、レストランや料亭、ホテルや結婚式場、学校給食や社員食堂などの大量調理を請け負う会社などに就職します。

就職活動をする上で助かったことは、自分で求人募集している先を探さなくても済んだことです。

ニチエイ調理専門学校に届く求人票から就職試験を受けるところを探したり、学校に教えに来ている講師の先生に紹介してもらったりと、そこまで就職活動には苦労しませんでした。

ニチエイ調理専門学校の評判

ニチエイ調理専門学校の特色

ニチエイ調理専門学校では、すべての学生をプロフェッショナルに育てるために、効率よく学習内容を吸収できるよう配慮したカリキュラムを用意しています。

見て・確かめ・手を動かし・味わうの4ステップの繰り返しで、確実に実力を養う実習スタイルも大きな特色です。

集大成ともいえる、独自のシュミレーションスタディでは、レストランを使い、フロアとキッチンの連携や、最適なタイミングで料理を提供するプランニングなど、実践力を養います。

取得可能な資格は、

  • 調理師免許
  • 専門調理師
  • 食品技術管理専門士登録資格
  • 調理師養成施設助手任用資格
  • レストランサービス技能士3級受験資格
  • 製菓衛生師
  • フードコーディネーター

です。

学校の1階にはデモンストレーション用のレストランがあり、週1回3つのグループに分かれてレストランのサービス、キッチン、マナーを学ぶ授業もあります。

希望者は調理師免許だけではなく製菓衛生師の資格取得もでき、フランスへの短期留学やフランスとイタリアへの研修旅行も希望すれば参加できます。

ニチエイ調理専門学校に入学後学べること

ニチエイ調理専門学校の食品技術管理専門士科ではフランス料理、イタリア料理、日本料理、中国料理、製菓の5分野の基礎から応用まで学ぶことができます。

世界の食文化や食品の基礎知識、食品衛生の知識の他に経営学や料理の盛り付けやテーブルセッティングなどにも役立つカラーコーディネート、フランス料理を勉強していくにあたって欠かせないフランス語なども座学で学べます。

調理師免許も取得できます。

また、卒業間際に行われる技術考査に合格すると実務経験を積んだのちに受験できる専門調理師の筆記試験が免除になります。

ニチエイ調理専門学校に入学後のライフスタイル

ニチエイ調理専門学校に入学後は、基本的に平日の朝9時から夕方16時まで授業を受けることになります。

授業は1コマ50分で、午前3コマ午後3コマの時間割です。

午前中実習で午後が座学もしくは午前座学で、午後は実習が基本的なスタイルです。週1回の学校にあるデモレストランを使った実習ではその日は一日丸々実習になります

②専任の常勤の先生も非常勤の先生も親しみやすい先生ばかりで、学校生活に関することだけではなくバイト先の相談や就職の相談を親身に受けてくれます。

専門学校選びの際に迷った学校

私は、ニチエイ調理専門学校の他に「名古屋調理師専門学校」や「国際調理師専門学校」「愛知調理師専門学校」と迷いましたが、最終的には分野ごとに専任の講師がいるニチエイ調理専門学校を最終的に選びました。

自分はイタリア料理に関して専門的に学びたかったのですが、ほかの選択肢にあった学校はイタリア料理とフランス料理を同じ先生が教えていたり、イタリア料理に関してはあまり力を入れていない学校ばかりだったのです。

イタリアで9年間修業した経験豊富な専任の先生がおり、2年時に専攻でイタリア料理を選べられるニチエイ調理専門学校の食品技術管理専門士科を選びました。

ニチエイ調理専門学校の評判

卒業生
卒業生
ニチエイ調理師専門学校に入学するうえで気を付けたほうがいいことは特にありませんが、強いて言うのであればバイト選びとバイトのシフトです。普段授業は16時までには終わって帰れますが、午後に実習がある場合は時間が足らずにオーバーすることがあります。実習用のデモレストランで実習がある場合、前日の授業後に翌日の準備があるため普段よりも帰る日が遅くなってしまいます。そのため、バイトを入れるときはそういったことも踏まえてシフトを出す必要があり、ある程度融通の利くバイトが無難です。

卒業生
卒業生
ニチエイ調理師専門学校はイタリア料理・フランス料理・中国料理・日本料理・製菓の基本から応用まで幅広く学べ、卒業時に調理師免許を取得できる学校です。学校行事も定期的に行われ、楽しい学校生活が待っています。希望者はフランスへ短期留学へ行ったり、イタリアとフランスへの研修旅行に行ったり、製菓衛生師の資格取得も目指せます。どのジャンルも幅広くかつ専門的に料理ついて学びたいという場合はニチエイ調理専門学校がおすすめです。

ニチエイ調理専門学校から資料を取り寄せよう!

どんなことが学べるの?」
やりたい仕事に就くにはどうすればいいの?」

思い立った今がチャンス!
今すぐ進路探しを始めてみましょう。気になる専門学校には必ず資料請求してください。

\キャンペーン期間は図書カードが貰える/
ニチエイ調理専門学校の詳細資料を取り寄せる≫

気になる専門学校には必ず資料請求してください。

大学から送られてくる資料にしか掲載されていない情報が沢山あるからです。今年の募集定員・募集時期・締切日など資料を取り寄せないと解らないことも。

実際に応募しないときにも専門学校選びにと〜っても役に立つので早めに取り寄せておきましょう!

「やりたいこと」へ一直線!

気になる専門学校に資料請求しておきましょう。

資キャンペーン期間中は1000円分のカードが貰えます。

\図書カードもプレゼント!/
「専門学校」から資料を取り寄せる≫