アニメ・漫画の専門学校

【リアルな評判】日本電子専門学校の口コミ⇒学費、偏差値・入試倍率、就職、オープンキャンパス!

\キャンペーン中は図書カード貰える/
日本電子専門学校の詳細資料を取り寄せる≫

システム開発会社勤務のタケシです。
システム開発会社勤務のタケシです。
日本電子専門学校の卒業生です。専門学校選びの参考にしてください!

日本電子専門学校の学費と入試基本情報

学科 [昼間部]

  • ゲーム分野(ゲーム制作科、ゲーム制作研究科、ゲーム企画科、)
  • CG分野(コンピュータグラフィックス科、CG映像制作科、コンピュータグラフィックス研究科)
  • アニメ分野(アニメーション科、アニメーション研究科)
  • デザイン分野(Webデザイン科、グラフィックデザイン科)
  • AI分野(AIシステム科)
  • Web・モバイル分野(ケータイ・アプリケーション科)
  • 情報分野(情報ビジネスライセンス科、情報処理科、情報システム開発科、高度情報処理科)
  • ネットワーク・セキュリティ分野(ネットワークセキュリティ科)
  • 電気・電子分野(高度電気工学科、電気工学科、電気工事技術科、電子応用工学科)

[夜間部]

ネットワークセキュリティ科、情報処理科、電気工学科

所在地 東京都新宿区
学費 昼間部 123万9000円~138万7000円
夜間部 70万9000円
選考方法 書類選考

日本電子専門学校の学費は妥当な金額だと思います。

同分野の専門学校を調べてみたのですが、同じ程度の金額だったり、かなり高い学校も多いです。

費用対効果からみても学費には妥当だと感じます。

日本電子専門学校には、校舎設備やコンピュータ環境が整っていますし、交通の便も駅から歩ける距離でよいです。

キャンパス周辺でアルバイトも探せる場所なので、学生生活を送る便利さとしても決して悪くない環境だといえます。

就職活動などは都内で活動することが多いため交通費もかかりません。

日本電子専門学校の偏差値

日本電子専門学校には特に偏差値はありません。入学難易度は「1/5点」です。

書類選考が入学方法となるため、よほど問題がなければ、誰でも入学できます。入学の際にはどの学科で学んで、就職先で目指す業界を明確にすることが重要です。

在校生の満足度偏差値は「3/5点」です。

他の学校をあまり知らないのですが、満足して過ごしていました。

授業や設備などは自身がしっかり取り組めば十分な学習環境が整備されていると思います。就職先も、実績のある企業へは学校を通じたコネクションルートがありそうです。

\キャンペーン中は図書カード貰える/
日本電子専門学校の詳細資料を取り寄せる≫

日本電子専門学校の卒業生と就職情報

就職状況 クリエイティブ分野、コンピュータ・ビジネス分野、エレクトロニクス分野に就職しています
口コミ情報 独自の奨学金(電子学園特別奨学金制度、日本電子専門学校特待生制度など)、日本学生支援機構奨学金制度、新聞奨学生制度などあり。

日本電子専門学校の卒業生には、有名人がいるとはあまり聞きませんが、ゲーム業界などで活躍されている卒業生は多いです。

学科によりますがゲーム、クリエイティブ系はその業界で人気、大手の会社に就職している実績があります。

情報処理系であればシステム開発会社へ就職するケースが多く、会社規模が大きな企業にも毎年内定が出ています。

就職活動については、人気企業からも求人があるため、成績が一定であればエントリーできる機会があります。

日本電子専門学校の評判

日本電子専門学校の特色

日本電子専門学校は、1951年に創立されました。プロ仕様の充実した施設・設備と現場経験豊富な講師陣で、常に時代の先端を担うクリエイター&エンジニアを育成しています。

映画やIT分野の有名作品の制作や、テーマパーク・オフィスビル・教育機関・工場などの施設管理まで、様々な業界で卒業生が活躍しています。

取得可能な資格は、

  • 第二・三種電気主任技術者(要実務経験)
  • 第二種電気工事士
  • 応用情報技術者
  • 情報セキュリティスペシャリスト
  • ネットワークスペシャリスト
  • オラクルマスター
  • シスコ技術者認定
  • オラクル認定Javaプログラマ
  • LPI Linux技術者認定
  • HTML5技術者認定試験

などです。

日本電子専門学校は、東京ではコンピュータ系の中で最も大きく、安定した学校ではないかと思います。

専門学校では大きな学校ですが、初心者で学ぶにも良い環境が整っています。

日本電子専門学校には、コンピュータ系の学科しか基本的にはないため、教室や実習室はそれに合わせた設備になっています。

教員も実際に現場で活躍されていた方なので、実務で使える技術を教えてくれます。資格取得についても対策講座を受講することで、一定レベルのものは取得しやすいです。

日本電子専門学校に入学後学べること

日本電子専門学校に入学後は、情報処理系であればプログラミングを基礎から学べます。

特に現場で活用されているJavaやC言語は時間をとって教えてもらえるので、1年もすれば実力がつくのではないでしょうか。

就職対策も入社試験で出るような一般常識や面接指導などを受けるので、自然と就職モードになります。

資格は多様なものが目指せます。情報処理系としては基本情報技術者を取得すると就職に有利です。

日本電子専門学校に入学後のライフスタイル

日本電子専門学校に入学後は、平日の日中は授業があるので時間の余裕はありません。

但し、新宿駅が近いので学校帰りに食事をしたり、ゲーム関係のお店に寄るくらいはできます。

アルバイトも週数回程度であれば土日も含めて可能でしょう。

日本電子専門学校の教員には、年が若い先生が多いことや、現場で働いてきた人なので、接しやすく、興味ある分野の話はしやすいです。

システム開発会社勤務のタケシです。
システム開発会社勤務のタケシです。
日本電子専門学校の先生は、学生から見ると好き嫌いはあるでしょうが、よき先輩といった感じです。学校のことをよく知ってほしいので、学校資料を見て欲しい!

\キャンペーン中は図書カード貰える/
日本電子専門学校の詳細資料を取り寄せる≫

専門学校選びの際に迷った学校

私が専門学校選びをするときに考えたのは、

日本工学院
東京電子専門学校

といった学校です。

最終的に日本電子に決めたのは、やはりコンピュータに特化した専門学校であり、規模も大きいことが原因です。

サークル活動も専門学校の中では種類が多い方だと思います。

学校の規模が大きいことで、学校施設も充実していますし、業界でのネットワークが広いので進路の面では可能性が広がります。

転職の際にもそのネットワークを使った同級生がいます。

日本電子専門学校の評判

卒業生
卒業生
どの学校も同じでしょうが、入学する学科は特に注意すべきです。コンピュータ関連といっても学ぶことや取得できる資格は異なってきます。自身の興味はとても大事ですが、就職する際に条件がよくない企業へしか行けないのはもったいないです。その点で現在のコンピュータ業界をしっかりと調べて就職するときとその後の状況を想定して将来性のある分野を選びましょう。人手が欲しい業界であれば選択肢は増えます。
卒業生
卒業生
情報処理分野は人手不足と言われていますので、就職は実力があれば選択肢は広がります。また、その基礎を身に着けられるかが重要になりますので、学校はしっかり選んでください。その意味で日本電子専門学校であれば通学もしやすい環境と連携した企業が多いので将来も安心して学ぶことができます。クリエイター分野はかなり将来の保障はない世界なので情報処理がオススメです。
システム開発会社勤務のタケシです。
システム開発会社勤務のタケシです。
気になる専門学校には必ず資料請求してください。

\キャンペーン中は図書カード貰える/
日本電子専門学校の詳細資料を取り寄せる≫

学校から送られてくる資料にしか掲載されていない情報が沢山あります。今年の募集定員・募集時期・締切日など資料を取り寄せないと解らないことも。

実際に応募しないときにも専門学校選びにと〜っても役に立つので早めに取り寄せておきましょう!

「やりたいこと」へ一直線!

気になる専門学校の資料を取り寄せておきましょう。

資料請求すると、キャンペーン期間中は1000円分のカードが貰えます。