コンピュータ・Web・ゲーム

【リアルな評判】専門学校HAL大阪の口コミ⇒学費、偏差値・入試倍率、就職、オープンキャンパス!

卒業生の小峰です。
卒業生の小峰です。
HAL大阪の卒業生です。専門学校選びの参考にしてください!

HAL大阪ゲーム4年制学科を卒業しました。

HAL大阪の学費と入試基本情報

学科
  • ゲーム4年制学科(昼) ゲームデザインコース(ゲームデザイナー専攻、3Dキャラクターデザイナー専攻、スマートフォンゲームデザイナー専攻)、ゲーム企画コース(ゲームプランナー専攻、ゲームシナリオライター専攻、ゲームディレクター専攻)、ゲーム制作コース(VR・3Dゲームプログラマー専攻、オンラインゲームプログラマー専攻、スマートフォンゲームプログラマー専攻)
  • CG映像学科(昼)(3DCGクリエイター専攻、VFXアーティスト専攻)
  • グラフィックデザイン学科(昼)(CGデザイナー専攻、アートアートディレクター専攻)
  • アニメ・イラスト学科(昼)(アニメーター専攻、イラストレーター専攻)
  • ミュージック学科(昼)(サウンドクリエイター専攻、サウンドエンジニア専攻、ゲームミュージック専攻)
  • カーデザイン学科(昼)(カーデザイナー専攻、カーモデラー専攻、次世代モビリティ開発専攻)
  • 先端ロボット開発学科(昼)(ロボット開発エンジニア専攻、デバイス制御エンジニア専攻、先端ロボティクス専攻)
  • 高度情報学科(昼)高度情報処理コース(高度システムエンジニア専攻、情報ネットワーク専攻、サイバーセキュリティ専攻)、WEB開発コース(WEB開発エンジニア専攻、WEBデザイナー専攻、スマートフォンアプリ開発専攻)
  • ゲーム学科(昼)(ゲームプログラム専攻、キャラクターデザイン専攻)
  • CG学科(昼)(CGデザイン専攻、CGアニメーション専攻)
  • ミュージック学科(昼)(コンピュータミュージック専攻、PA・レコーディング専攻)
  • 情報処理学科(昼)(情報処理プログラム専攻、ネットワークセキュリティ専攻)
  • WEB学科(昼)(WEBプログラム専攻、WEBデザイン専攻)
  • 国家資格学科(昼)(基本情報技術者専攻(国家資格合格保証制度適用)、応用情報技術者専攻、データベーススペシャリスト専攻、ネットワークスペシャリスト専攻、エンベデッドシステムスペシャリスト専攻、情報処理安全確保支援士専攻)
  • パリ校留学コース
  • ゲーム学科(夜)
  • CG映像学科(夜)
  • グラフィックデザイン学科(夜)
  • WEBデザイン学科(夜)
  • ネットワーク学科(夜)
  • 情報処理学科(夜)
所在地 大阪府大阪市
学費 昼:96万円~153万3000円 夜:46万円
選考方法 AO入試:面談
推薦入試:書類選考
一般入試:書類選考・面接
編入学入試:書類選考・面接・適性検査・専門知識判定検査

東京のHALと比較した場合、HAL大阪の学費はそれほど高額な料金ではなくなりました。

HAL大阪の学費は、昔はものすごく高くて入学金と授業料合わせて200万円を超えることなんて当たり前でした。

学校を新しく作るため学費を高く設定していたこともありますので現在は安くなったと考えています。

\キャンペーン期間は図書カードが貰える /
HAL大阪の詳細資料を取り寄せる≫

HAL大阪の偏差値・難易度

HAL大阪には特に偏差値はありません。HAL大阪の入学難易度は0点です。

入学すること自体は難しくないですが、入学した後からが問題で最低限でもC言語くらいはマスターしていないと、関数が出たあたりから教室にいる生徒数が減少します。

生徒数が減る理由は「理解できないからや辞めていく」人が多く、学費が返納されるため、早いうちに辞めて行く生徒が多いのです。

入学試験の際の面接は、ほとんど無いようなものです。

「入学したら、どういったことをしたいか?」ということは聞かれます。

HAL大阪の卒業生と就職情報

就職状況 就職率 100%
口コミ情報 日本学生支援機構奨学金制度、HAL会奨学生制度などあり

HAL大阪の卒業生には、ドラゴンクエストXのゲームプランナーを勤める田部井弘貴さんなどがいます。

卒業生は、ゲーム企業に就職することが多いです。

プログラマーやプランナーなどで就職をすることもありますし、卒業する際には作成した作品について企業の目に止まるとスカウトされます。

「就職活動=自分の作品を評価して貰うこと」と考えても良いでしょう。

出来が良い作品を作った生徒には、かなりの数の企業からお声がかかります。

HAL大阪の評判

HAL大阪の特色

HAL大阪は、IT・デジタルコンテンツ分野の専門学校として、文部科学大臣が認める「職業実践専門課程」の認定を受けています。

「学ぶ」ということを、多方向から分析し、実績と融合して生まれた独自の教育システムがあり、単なる技術習得のみならず、想像力、応用力、業界適用力を身につけることに主眼をおいています。

プロの現場で即戦力として活躍できるような実践的な教育を行っているため、就職を保証する「完全就職保証制度」が設けられています。

卒業時に就職できない場合、就職が決まるまでの必要な学費を2年間負担する制度です。

取得可能な資格は、

  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • データベーススペシャリスト試験
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • 情報処理安全確保支援士試験
  • ITパスポート試験
  • ITトランジスト試験
  • システムアーキテクト試験
  • プロジェクトマネージャ試験
  • エンベデッドシステムスペシャリスト試験
  • CGクリエイター検定
  • CGエンジニア検定
  • WEBデザイナー検定
  • 画像処理エンジニア検定
  • マルチメディア検定

などです。

ゲーム4年制学科では、4年かけて学びますが最初の方の2年は皆同じ土台で勉強をします。

CGを作る学科
報処理

なども同じ土俵で2年間学びます。

2年間学んだ以降、自分の思い描く世界に行くのですがルートを変更することも可能です。

2年を終える際にゲームから情報処理に移行することも可能なため、2年間はどのコースにもいける準備期間であると考えます。

その後3年目からはコース変更できなくなります。

本格的にそのコースを学ぶため、基礎ができていない人は2年目ですでに退学をしていることが多いです。

HAL大阪に入学後学べること

HAL大阪では、「初級システムアドミニストレーター」の資格を取得できます

試験に受からない場合、何の資格も取れないのでただ単に、プログラミングが出来る人やゲームのシナリオを考えることができる人で終わります。

HAL大阪に入学後のライフスタイル

HAL大阪に入学後は学科に応じて勉強をしますが、2年間は皆同じ勉強をします。

専門学校選びの際に迷った学校

私はECCと迷いましたがHAL大阪にしました。理由は施設を見学した際にHAL大阪の方がよい施設であると判断したためです。

少しでも最新施設がある学校の方が、ゲームつくりなどに関して役に立つ技術が身につくと判断したため、HALの大阪校に決めました。

HAL大阪の評判

卒業生
卒業生
かなりの実力主義社会で有能でなければ生き残れないです。そもそも、知っていることを前程に話す講師もおり、まともな説明を期待しても無意味です。卒業するだけですとお金さえ何とか工面することができれば卒業をすることができますが就職には結びつかず,退学した人間と同じ扱いです。予め、C言語が扱えないとまずお話にならないので時間だけ無駄に消費したと後から後悔しても遅いです。
卒業生
卒業生
どのスタート地点も2年間は同じです。この2年を乗り切れたのであればほとんどの学科で通用する知識を身につけており忍耐もあります。忍耐を身につけることに置いてはこの学部はどの学部も忍耐が身につきますので最終的に就職した後、忍耐があるためその仕事を長く続けることができます。自然と忍耐を身につけることがかなり良い学部だと感じます。 

\キャンペーン期間は図書カードが貰える /
HAL大阪の詳細資料を取り寄せる≫

気になる専門学校には必ず資料請求してください。

学校から送られてくる資料にしか掲載されていない情報が沢山あるからです。今年の募集定員・募集時期・締切日など資料を取り寄せないと解らないことも。

実際に応募しないときにも専門学校選びにと〜っても役に立つので早めに取り寄せておきましょう!

「やりたいこと」へ一直線!

気になる専門学校の資料を取り寄せておきましょう。

資料請求すると、キャンペーン期間中は1000円分のカードが貰えます。