介護福祉

【リアルな評判】名古屋福祉専門学校の口コミ!⇒学費、偏差値、入試倍率、オープンキャンパス!

ケアワーカーの成田です。
ケアワーカーの成田です。
「名古屋福祉専門学校」の卒業生です。専門学校選びの参考にしてください!

名古屋福祉専門学校の学費と入試基本情報

学科 介護福祉学科
所在地 愛知県名古屋市
学費 104万円
選考方法 推薦入試:面接
一般入試:面接・作文

「名古屋福祉専門学校」の学費は、少し高いのかなと、当初は思いました。

しかし、入学前の体験入学で、校内の授業で使う設備などがすごく充実していることを確認しました。

「名古屋福祉専門学校」では実習もたくさんありますので、費用対効果という面では、学費は高いことないのかな?と感じています。

学校を卒業してみて思うことは、すごく充実した時間を過ごさせてもらったということです。

同級生の仲間もできましたので、「名古屋福祉専門学校」で学べたことを満足しています。

なので、卒業してから振り返ってみると、妥当な学費だったと思います。

名古屋福祉専門学校の偏差値

名古屋福祉専門学校には特に偏差値はありません。

入学難易度としては、3点/5点くらいだと思います。学科試験はそれほど難しい内容ではありません。

入学にあたっては面接試験が重視されているように感じました。

面接では、将来の夢や、なぜ本校を希望したのかについて聞かれました。

面接官の先生には「福祉の分野で活躍したいという気持ち」をアピールできれば大丈夫。合格できるかと思います。

質問の回答に詰まると、基本的に向こうが誘導してくれてそのまま回答しているような感じです

「名古屋福祉専門学校」の在校生満足度(満足度偏差値)は5点/5点です。

同級生の仲間が、すごく介護福祉士になる気持ちが強かったので、お互い高め合うことができましたので、学習環境はすごく良かったです。

名古屋福祉専門学校の卒業生と就職情報

就職状況 就職率100%(就職先は特別養護老人ホーム、老人保健施設、障害者支援施設、有料老人ホーム、病院等です)
口コミ情報 愛知県介護福祉士等修学資金貸付制度、日本学生支援機構奨学金、交通遺児育英会奨学金制度あり

「名古屋福祉専門学校」の卒業生の主な就職先としては、社会福祉法人への就職や、医療の現場であったりという職場へ就職していく人が多いです。

老人ホームへの就職もあります。

ほとんどの卒業生は、介護福祉士として福祉の現場で活躍しています。

就職活動についてですが、介護福祉士の資格もあり、「名古屋福祉専門学校」の先生にも相談に乗ってもらたので、納得した現場を選ぶことができました。

介護全般に言えることだと思いますが、人がとにかく足りないので、施設側もとりたい意識がかなり高くて、就職に苦労する人はほとんどいない状況です。

また、私は施設奨学金(卒業後その施設で一定期間勤務したら返済が免除される奨学金)を利用していたため、その施設に就職するのがほぼ決まっており、就職活動をほとんどしていません。

名古屋福祉専門学校の評判・口コミ

名古屋福祉専門学校の特色

名古屋福祉専門学校は、介護福祉士に加え、「食」や「レクリエーション」を極め、トリプルライセンスの取得を目指します。

取得可能な資格は、

  • 介護福祉士国家試験受験資格
  • 介護食士(高齢者の方に安心で安全な食事を提供)3級
  • レクリエーション介護士2級

です。

また、さらなる資格取得を目指して大学編入や医学系の専門学校入学が可能です。

介護福祉科というコースでは介護福祉士として必要な教養であったり、現場での適切な処置であったり行動を身につけていきます。

もちろん社会福祉士の国家資格を取るということを目標にして学んでいきます。

クラス少人数制であるために、一人一人の指導が行き届いているというのが特徴だと思います。

「名古屋福祉専門学校」の学生は、年齢層も幅広いですので、今までにない出会いなどもありまして、充実した学校生活を送ることができるのが特徴です。

学生生活の充実という点に重点を置くのであれば、学園祭など高等課程と同時に開催しており、活気という点はほかの学校よりもあると思います。

名古屋福祉専門学校に入学後学べること

「名古屋福祉専門学校」では、実践を通して生活支援の技術を学んでいきます

社会福祉士としての必要になってくる教養などについて学ぶとともに、認知症であったり、障害などについての知識を身につけていきます。

現場で医療的なケアをしていくために必要な知識を身につけていきます。

介護福祉士の資格の他にも、高齢者の方に安心で安全な食事を提供する介護食士や、レクリエーションの知識を深め、レクリエーション介護士という資格も取得できることは魅力的です。

名古屋福祉専門学校に入学後のライフスタイル

「名古屋福祉専門学校」に入学した後のライフスタイルです。

わたしは学費を親に立て替えてもらっていたので、学校に通いながらアルバイトもしていました。

ですので、毎日の生活は結構忙しかったです。

ですが、学校でできた友達とプライベートで遊んだり語ったりもしまして、充実していました。

「名古屋福祉専門学校」の先生は、明るく優しい人が多かったですが時には厳しいことも言われました。

特に実習のときに至らない点がある場合などは厳しかったですが、実際命を預かる現場であることの厳しさを認識させてもらい今では感謝しています。

僕も「名古屋福祉専門学校」を卒業しました。

朝は高校よりも遅く、最寄駅は東山線よりも空いている鶴舞線か桜通り線ということで、比較的余裕もあります。勉強も学校生活もそれほど忙しくないため、アルバイトをこなしつつ生活することは十分可能です。

学生数が少ないことで、先生方の覇気は高校の先生の方があり、いい意味でも悪い意味でも落ち着いた学校です。

専門学校選びの際に迷った学校

専門学校を選ぶ際に、「日本福祉大学中央福祉専門学校」と最後までどちらに決めようかということは迷いました。

決め手になったのは、「名古屋福祉専門学校」の体験入学に参加したことで、授業の雰囲気を目の当たりにすることができたことです。

「名古屋福祉専門学校」で勉強していきたいと思えることができました。

先生の教え方もすごく熱心だなと感じまして、「名古屋福祉専門学校」を選びました。

介護福祉士は基本的に人材難のため、どの学校も入りやすい印象がありましたが、奨学金が充実していると先生方がすごく推してくる「名古屋福祉専門学校」であれば、費用対効果よく学ぶことができるのではないかと考えたことも決め手です。

名古屋福祉専門学校の評判・口コミ

「名古屋福祉専門学校」に入学する上で、注意すべき点は、入学後にイメージしていた内容や雰囲気と違っていたということをなくすために、資料請求して調べておくことです。授業を見学したり、学校内を見学したりすることができます。体験入学でも、授業の雰囲気を体験できますし、学校説明会も開催されていますので、入学する前に参加しておくと安心です。
「名古屋福祉専門学校」の介護福祉科では、将来介護福祉士の国家資格を取り、福祉の分野で活躍しようという目的意識の高い仲間が集まりますので、みんなで、切磋琢磨できるところが魅力的です。実習活動も多いですので、現場での経験もたくさん積むことができます。介護福祉士の合格率も高いですので、安心して学べると思います。就職支援も手厚いので介護福祉士になりたい方はおすすめです。
資格を取るだけなら、何気なく学生生活を過ごすだけでも取れる学校です。資格以上に学校生活の充実など求めるのであれば、同級生との関係を築き、学校のイベントに積極的に参加すれば十分楽しい学校生活ができると思います。奨学金も使えば費用面の不安もほとんどないので、2年間楽しみながらしっかりと将来につながる資格を取ろうと考える人にはとてもオススメです。ただ、進路を選ぶのは1回限りだからこそ、ちゃんと他の学校も見て、比べて進路を決めてみてください。

 

 

気になる専門学校には必ず資料請求してください。

学校から送られてくる資料にしか掲載されていない情報が沢山あるからです。今年の募集定員・募集時期・締切日など資料を取り寄せないと解らないことも。

実際に応募しないときにも専門学校選びにと〜っても役に立つので早めに取り寄せておきましょう!

「やりたいこと」へ一直線!

気になる専門学校の資料を取り寄せておきましょう。

資料請求すると、キャンペーン期間中は1000円分のカードが貰えます。