音楽

【リアルな評判】大阪スクールオブミュージック専門学校の口コミ!⇒学費、偏差値、入試倍率、オープンキャンパス!

卒業生の冨田です。
卒業生の冨田です。
大阪スクールオブミュージック専門学校の卒業生です。専門学校選びの参考にしてください!

私は、カレッジ音楽科の作曲家デビューコースを卒業しました。

大阪スクールオブミュージック専門学校の学費と入試基本情報

学科
  • プロミュージシャン科(シンガーソングライターコース、ヴォーカル&ダンスコース、ソロヴォーカルコース、K‐POPアーティストコース、バンドヴォーカルコース、J‐POPアーティストコース、ギターテクニックコース、ドラムテクニックコース、ベーステクニックコース、キーボードテクニックコース)
  • カレッジ音楽科(デジタルアーティストコース、アーティスト&プロデューサーコース、アーティストエンジニアコース、音楽プロデューサーコース、作曲&アレンジャーコース、ゲームミュージックコース、作詞&作曲コース、レコーディング&PAコース、スーパーマネージャーコース)
  • 商業音楽科(メディアクリエーターコース、デジタルコンテンツ制作コース、PAエンジニアコース、照明ライティングコース、コンサート企画制作コース、スタッフ&ミュージシャンコース、舞台制作&ステージデザイナーコース、ライブツアーマネージャーコース、プロマネージャーコース)
所在地 大阪府大阪市
学費 1,655,000円(初年度総額)
選考方法 作文・面接

プロミュージシャン科

元・講師
元・講師
大阪スクールオブミュージック専門学校の元・講師です。プロミュージシャン科について、講師の立場から色々と語ってみます。

「大阪スクールオブミュージック専門学校」の学費に関しては安いと思います。

講師陣はプロミュージシャンとして経験豊な方が多く、尚且つ教えることが好きで教え方が上手い方ばかりだからです。

カリキュラムをきちんと履行すればプロミュージシャンとして必要な技術、知識を得ることが可能です。

また卒業後音楽業界で働くためのコネクションも充実しています。

どのような職種でも同じですが最終的に目標とする仕事に就けるかは自分次第ですが、そのための投資という意味では費用対効果は悪くないと思います。

カレッジ音楽科

卒業生の冨田です。
卒業生の冨田です。
カレッジ音楽科の卒業生です。生徒目線で語ってみます!

「大阪スクールオブミュージック専門学校」の学費高いと思います。

2年で学べる内容をかなり初心者向けに設定して、3年制にしてあります。

特に元からある程度、音楽知識がある人には、不必要な授業もあります。

他の学科の授業を学べるシステムもあるので、余力がある人はそちらをうまく利用するのもいいと思います。

大阪スクールオブミュージック専門学校よりも学費が高い学校は、音大医大と言われるくらい学費も高いです。

しかし、高い学費を払ってでもこの学校で学べて良かったです。

\キャンペーン期間は図書カードが貰える /
大阪スクールオブミュージック専門学校の詳細資料を取り寄せる≫

大阪スクールオブミュージック専門学校の偏差値

プロミュージシャン科

「大阪スクールオブミュージック専門学校」の入学難易度は「5/5点」です。

プロミュージシャンを目指す学科なので、高校までの学校の勉強の出来る出来ないは全く関係ありません。

とにかく入学前に少しでも演奏技術を高めておくことが大事です。練習しまくりましょう。

現在の面接の有無はわからないのですが、このコースに関して問われるのはやる気だけなので、本人に充分なやる気があれば全く問題なくクリアできます。

在校生の満足度偏差値は「3/5点」です。

生徒の中にはモチベーションが低い人、在学中にプロミュージッシャンを諦めてしまう人などが結構な人数現れます。

プロミュージシャンを本気で目指す人との間にモチベーションのギャップが生じたりしますが、周りに流されることなく自分の意識を高く持ち続けることが必要です。

カレッジ音楽科

大阪スクールオブミュージック専門学校には特に偏差値はありません。

大阪スクールオブミュージック専門学校の入学難易度は「5/5点」です。

おそらくは入学金さえ払うことができれば、誰でも入学できます。

入学試験の際には一応面接もありますが、面接内容は先生とおしゃべりする程度なので、全く緊張する必要もありません。

私の場合、先生との一対一の面接が、同じ部屋でたくさん行われていたので、緊張感も特に感じませんでした。

在校生満足度(満足度偏差値)は「2/5点」です。

とにかく基礎から授業がスタートするので、音楽初心者には勉強しやすい環境ではあると思います。

しかし、少しでも音楽経験がある人からすると、かなり退屈な授業も多くあります。

大阪スクールオブミュージック専門学校の卒業生と就職情報

就職状況 音楽・エンターテインメント業界へのデビュー、就職
口コミ情報 兄弟姉妹学費免除制度、奨学金制度あり

プロミュージシャン科

「大阪スクールオブミュージック専門学校」から「花花」さんや「広沢タダシ」が卒業されています。

プロミュージシャンになっている方も多数います。

またレコード会社、音楽プロダクション、音楽イベント会社などに就職される方が多いです。先生がとても熱心に力になってくださいました。

いろんな相談に対して真摯に時間を割いてくださったことや、先生のコネクションの広さが就職に対してとても役に立ちます。

カレッジ音楽科

大阪スクールオブミュージック専門学校の著名な有名人ですと、まず、学校長が湯川れい子さんです。

入学式の時に挨拶をされていました。卒業生には「mihimaruGT」やトイレの神様で有名な「植村花菜」などがいます。

大阪スクールオブミュージック専門学校「作曲家コース」だと、主な就職先は作家事務所になります。

super loveやアゲハスプリングスなどは、先輩方も多く所属されています。

大阪スクールオブミュージック専門学校の先生から裏事情を聞けたりもするので、所属先を見極められるのは良いと思います。

大阪スクールオブミュージック専門学校の評判・口コミ

大阪スクールオブミュージック専門学校の特色

大阪スクールオブミュージック専門学校は、1987年に開校した音楽・エンターテインメント業界にデビュー・就職するための学校です。

1,300社を超える音楽業界の全面バックアップのカリキュラムやプロジェクトで即戦力を身につけることができます。

大阪スクールオブミュージック専門学校の機材充実度はピカイチです。他校では用意できない機材や環境、コネがあると思います。

レコーディングルームなどは、実際の現場で使われているものしか置いていないので、就職してから勝手が違って悩むような事もありません。

とにかく現場に拘っているので、学校基準というより現場基準でカリキュラムが組まれています。

作曲家デビューコースでは、先生が実際に携われたいたコンペのデモなどを特別に見せていただけたり、貴重な経験ができました。

プロミュージシャン科に入学後学べること

楽器の演奏能力は独学とは比べ物にならないくらい飛躍的に進歩します。

「大阪スクールオブミュージック専門学校」で学ぶと、自分では気づきにくい自分の演奏の弱点を指摘してもらえますし、そういう弱点の効率的な克服方法を教えてもらえます。

結果的にプロの技術に効率的に近づくと思います。また技術以外の部分でも音楽を職業にする上で必要な知識や考え方など、実際にプロの現場で働いた人にしかわからないことをたくさん教えて頂けます。

プロミュージシャンを目指す上では特に資格取得に繋がることはありません。常勤の先生がとにかく熱心で、生徒一人一人をよく気にかけて下さいます。

また学校内でのイベントが多く、またイベントの一つ一つが規模が大きいので、生徒一人一人に良いモチベーションを与えてくれますし、仕事に対する理解や自信に繋がることがとても多いでしょう。

業界関係者の方も参加される機会が多く、学生の間にそういった方々とお話しできた事で、音楽業界の最新の情報に触れることができましたし仕事に対する具体的なイメージを持つことが出来ます。

カレッジ音楽科に入学後学べること

カレッジ音楽科のうち、作曲家デビューコースでは、

  • 主な作曲ソフトの使い方
  • 音楽理論
  • メロディーメイクといって、流行るメロディーの作り方

などを学ぶ授業もあります。

1つの曲を作るのに必要な知識が多岐にわたるので、満遍なく学習していく感じです。

大阪スクールオブミュージック専門学校では、レコーディングの仕方なども学べますし、同じ作曲でもインストか歌ものかでも、必要な知識や技術が変わってきます。

プロミュージシャン科に入学後のライフスタイル

「大阪スクールオブミュージック専門学校」でのライフスタイルですが、カリキュラム自体はそこまでキツキツではないので、自分の時間を作るのはそんなに苦労はないです。

実際、大半の人がアルバイトしています。

履行しているカリキュラム以外でも、空いているリハーサルスタジオなどの学校の施設も気軽に借りられるので自主トレーニングなどに時間を使う人も結構います。

先生、講師は高評価の方が多いです。講師の方は現役のプロの方がほとんどで業界の事など興味的な話をたくさん伺うことができます。

カレッジ音楽科に入学後のライフスタイル

大阪スクールオブミュージック専門学校に入学後のライフスタイルは、学科やコースによって変わります。

一年時は午前中の授業が多い傾向があるので、私も友人達も夜にアルバイトをしていました。

大阪スクールオブミュージック専門学校に先生方は、第一線で活躍されていた方や、現在も現役の業界人だったりするので、業界から求められているニーズをわかりやすく教えてくださいます。自

分が良いと思ったものでも、売れる為には変えなければならないものもあるので、柔軟に対応していかなければなりません。

大阪スクールオブミュージック専門学校の先生方も親身に相談に乗ってくださいます。

専門学校選びの際に迷った学校

プロミュージシャン科

私の生徒は「キャットミュージックカレッジ専門学校」と迷ったと言っていました。

選んだ理由は大阪スクーオブミュージックの方がパンフレットから感じた雰囲気が(楽しそうでありながら真面目な感じで)自分向きだと思ったそうです。

関連校が多くて規模の大きな学校なことにも安心感があります。

また施設も充実していて最新の業務仕様の物が多かったので、将来自分の志す仕事に就けた時により有利になるのではないかと思えます。

カレッジ音楽科

私は、他の専門学校のオープンキャンパスに行った際、少し音楽理論を教えてもらった程度で、実際スタジオに入ったり、曲を作ったりはしませんでした。

その専門学校では入学後にも、実践的な授業もなさそうでした。

しかし、大阪スクールオブミュージック専門学校では余るほどの機材や、広いスタジオや、先生による作曲レッスンなどで、将来自分が働いている姿がとても想像できました。

そのことが一番の決め手で、大阪スクールオブミュージック専門学校への入学を決めました。

大阪スクールオブミュージック専門学校の評判・口コミ

カレッジ音楽科
カレッジ音楽科
やる気がある生徒は、大阪スクールオブミュージック専門学校のシステムをどんどん利用できると思います。

しかし、少しでも心が折れてしまった時、学校に行かなくても単位が取れてしまうこともあり、モチベーションが保てなくなりやすいです。

モチベーションを保つためにも、常に夢と目標を失わず、同じ夢を持った良い友人と先生に巡り会うことが重要だと思います。

大阪スクールオブミュージック専門学校は、学費がとても高いので奨学金を利用すべきです。奨学金を利用する際には、返済していけるのかをしっかりと検討し、ライフプランを建てた上で入学することをお勧めします。

カレッジ音楽科
カレッジ音楽科
夢を実現する努力ができることは素晴らしいです。そして失敗しても、立ち上がれるのは今だけです。

人の為に頑張る人生も素敵ですが、自分の為に頑張らないといつか必ず後悔します。その想いが強ければ強いほどに。

大阪スクールオブミュージック専門学校はやる気があって、自ら道を切り開ける人の為にあります。その為のカリキュラムやコネはしっかりありますので、どんどん先生や事務員の方に相談してください。
必ず前向きな道が切り開けるはずです。

プロミュージシャン科
プロミュージシャン科
専門学校は高校と違って自分の志す仕事のスキルを専門的に学ぶところなので、真剣に授業を受けることが一番大事だと思います。入学から卒業までひたすらスキルアップに勤めつつ、就職に関する情報は入学直後から意識した方が良いでしょう。同級生の中には最初から中途半端な気持ちで入学してる人、早々に自信を失い別業種に関心が移る人などが結構多いので自分自身の意識を高く持ち続ける努力も欠かせないですね。
プロミュージシャン科
プロミュージシャン科
入学して本気で頑張ればプロミュージシャンになるのも夢ではなくなる学校です。同じ志を持つ同級生にもたくさん出会えるので、切磋琢磨して自分を磨ける環境でもあります。音楽が大好きでずっと業界に携わっている先生、講師ばかりなので明るくて楽しい方が多いです。音楽に携る様々な業種のスペシャリストが集まっているので、より自分にあっているに業種に出会えるかもしれません。そういった場合の転科も柔軟に対応して頂けます。業界のコネクションも豊富なので、卒業就職時にとても力になってもらえます。

\キャンペーン期間は図書カードが貰える /
大阪スクールオブミュージック専門学校の詳細資料を取り寄せる≫

気になる専門学校には必ず資料請求してください。

学校から送られてくる資料にしか掲載されていない情報が沢山あるからです。今年の募集定員・募集時期・締切日など資料を取り寄せないと解らないことも。

実際に応募しないときにも専門学校選びにと〜っても役に立つので早めに取り寄せておきましょう!

「やりたいこと」へ一直線!

気になる専門学校の資料を取り寄せておきましょう。

資料請求すると、キャンペーン期間中は1000円分のカードが貰えます。