看護師になる方法

受かりやすい看護・専門学校を選ぶ際に絶対に確認しておくべき7つのこと

今は訪問看護師している矢島です。

受かりやすい看護専門学校を選ぶ際に、絶対に確認しておくべき7つのことをお話しします!

「高校生で看護師に興味がある人」
「なるべくお金をかけずに、早く看護師として独立したい人」

に向けて書いています。

受かりやすい看護専門学校とは?

受かりやすい看護の専門学校とは、

「入学難易度が低い」
「偏差値が低い」

そんな看護学校のことです。

家から通える学校の中から、一番偏差値が低い看護学校を選ぶ。
偏差値一覧から偏差値が低い看護学校を選ぶだけならば簡単なことです。

しかし、受かりやすい看護・専門学校を選ぶときには、偏差値だけで選ぶと後々後悔することも多いようです。

入学してから「しまった•••」と思う前に、絶対に確認しておくべき学校選びのコツについてお話しします。

絶対に看護学校の「就職率」を確認しておくこと

まずは、志望する看護学校の就職率を確認しておきましょう。

看護師は需要は高いので、看護師資格さえ取得すれば就職できる場合も少なくありません。特に東京などの都心の場合は、病院やクリニックの絶対数が多いので、求人も多く、就職率は上がってくるでしょう。

地方においても、病院は限られますが、看護師になる人も絶対数は都心に比べて下がるので、求人を出している病院は限られていても就職できることがほとんどです。

ただし、進学する看護学校によっては、看護師として就職せずに進学をしたいという人が多いところもあります。

早く働きたい人は、就職率を確認することが重要です。

ネットだけではなく、最新の学校情報を資料請求して確認しておきましょう。

必ず、看護学校の卒業までの「在籍率」を確認すること

受かりやすい偏差値が低い看護・専門学校に入学すると、

学校には簡単に合格するけれど、実は卒業するまでは厳しいという場合も少なくありません。

もちろん看護学校では、看護師になるために学習カリキュラムは決められていますし、講義を聞く勉強ばかりではなく、実習も受けなくてはいけません。

特に実習を始めると看護師としての仕事の厳しさに初めて触れて「私には無理だ」と感じて、学校を中退する人も少なくありません。

先生や学校のフォローがしっかりしているところ、また生徒のケアをしてくれるところは中退率も下がってくるので、卒業までの在籍率はとても重要です。

看護学校のリアルな口コミ情報を確認して、学校の最新版も熟読しておきましょう!

看護学校が「自宅から近いか」「寮があるか」どうかを確認しておくこと

受かりやすい看護・専門学校を見つけたら、なるべく自宅から近い場所を選ぶことがポイントです。

なぜなら、看護師になるための勉強は決して楽ではないからです。特に看護の専門学校の学習スケジュールはハードです。講義を聞く勉強も朝から夕方まで詰まっていることも多いです。

実習が始まれば、朝から夕方まで病院で実習をし、その後レポート提出の準備をしなくてはいけないので、看護学生は時間があってもあっても足りないことが多いです。

負担を軽減させるためには、自宅から近いところを選ぶというのがポイントの一つです。気になる看護学校の最新情報は必ずチェックすべきです

資格取得までに必要な学費・教材費・実習費を確認すること

看護・専門学校の場合は、看護大学に比べると、比較的費用が抑えられていることが多いです。これは地方によくみられる傾向であり、学費の差も学校により大きいです。

看護師になるために勉強するなら、学費が高いというのは仕方がないと思いますが、実は看護学生は忙しいためアルバイトが出来ないことも多いのです。

学費が高すぎると、親への負担も増えてしまいますね。
お金が足りないからと言って、バイトしながら看護学校に通うことは難しいでしょう。

「卒業までにお金はいくらかかるのか?」
「実習代など別に徴収されるものはないのか?」

といったことを確認しておくことが大切なのです。

最新版の情報を確認しておきましょう!

看護学校の国家試験・合格率を確認しておくこと

いくら看護師になるための勉強を重ねても、最終的に看護師になれるかどうかは、看護師の国家試験の合否に左右されます。

そのため、看護学校に入学後は、看護学生は国家試験の合格を目指して必死で勉強します。

国家試験は看護師になるための集大成である試験のため、勉強が大変なのはもちろん、受験のためのプレッシャーも大きいです。

ただ看護学校によっては、国家試験の合格を目指してフォロー体制を整えているところも多いので、注意深く探してみるとよいでしょう。

看護学校によっては、国家試験の受験前に先生がわからないところを指導してくれることも多いです(逆に学習指導をしてくれない厳しい学校もあります)。

集中講義をしてくれたりして、学校として国家試験の合格を目指してくれる学校もあります。絶対に最新版の資料を確認してください!

看護学校の卒業生の就職先を事前に確認しておくこと

看護学校の最新版資料を取り寄せると、卒業後この病院に就職する学生が多いとか、正確な最新版の統計を掲載していることが多いです。

最新版の統計を見れば、将来はこんなところに就職できるのかということは予測できます。

「将来的に地元で働くか」
「都会で働くか」

迷っている人でも、学校が発表している就職先の最新統計を見れば、夢が広がりますね。

志望する看護・専門学校の学生はどんなところに就職をしているのかという統計を確認しておくといいのです。

看護師としてどのようなところを選ぶべきか、どこの病院を目指すべきか目標を見つけることが出来ます。

助産師や保健師に興味がある人は進学率も確認すること

最後に、看護学校の進学率はどうかということを確認しておくことも大切です。

看護・専門学校を卒業した後は、看護師として働く人が多いですが、中にはそのあとに進学を目指している人もいます。助産師や保健師という道です。助産師や保健師になるためには専門性を高めるために、看護学校を卒業後1年間さらに勉強する必要があります。

もしも看護師だけでなく、助産師や保健師といった分野にも興味があるというときには、あらかじめ進学率をチェックしておくことが重要です。

進学する生徒が毎年いる場合には、推薦枠などがある場合もあるので、合わせてチェックをしておきましょう。

受かりやすい看護・専門学校を選ぶ際に絶対に確認しておくべきこと

受かりやすい看護・専門学校を選ぶ際には、必ず資料請求しておきましょう。

学校選びは、将来の進路に大きな影響を与えます。

絶対に最新版の資料を取り寄せておきましょう!

最新版の願書・資料は早めに取り寄せること!
手元資料があるとじっくり検討できます。

\キャンペーン期間は図書カード貰える/
気になる看護学校から資料を取りよせる≫

看護師の資格を持つ人は強いです!
やはり専門職であるため就職に有利です。結婚しても出産しても、一時期は看護師を退いたとしても、やる気があれば再就職することもできます!看護師の資格は凄いです!
「やりたいこと」へ一直線!

気になる専門学校に資料請求しておきましょう。

資キャンペーン期間中は1000円分のカードが貰えます。

\図書カードもプレゼント!/
「専門学校」から資料を取り寄せる≫