コンピュータ・Web・ゲーム

おすすめ!【トライデントコンピュータ専門学校】⇒学費・偏差値・評判・口コミ、オープンキャンパス・入試情報をチェックする!

プログラマーの山田です。
プログラマーの山田です。
トライデントコンピュータ専門学校の卒業生です。専門学校選びの参考にしてください!

トライデントコンピュータ専門学校の学費と入試基本情報・オープンキャンパス

学科
  • ゲームサイエンス学科(3年)
  • CGスペシャリスト学科(3年)
  • Webデザイン学科(2年)
  • CAD学科(2年)
  • 高度情報学科(3年)
  • 情報処理学科(2年)
  • 情報キャリアプロ学科(2年)
  • ゲーム開発研究科(1年)
  • サイーセキュリティ学科(4年)
所在地 愛知県名古屋市
学費 129万円~142万円
選考方法 面接、書類審査

トライデントコンピュータ専門学校の学費は年間で120万円超であり、他の学科と比べて少し高いです。

ですが、トライデントコンピュータ専門学校の授業では、実際にゲーム業界の開発業務で使っている環境設備と同じ機械(Wii U開発ツールやAutodesk 3dsMaxなど)を利用することが出来ます。

さらに業界研究授業では、ゲーム業界で活躍するトップクリエーター達の講習を生で聞けるというメリットが大変大きいです。

オープンキャンパス、体験入学、個別相談会を実施していますので、確認してみることをオススメします。

詳細は「トライデントコンピュータ専門学校」に資料請求すると、よく解ります。

\キャンペーン期間は図書カードが貰える /
気になる専門学校の詳細資料を取り寄せる▶︎

トライデントコンピュータ専門学校の偏差値

トライデントコンピュータ専門学校には特に偏差値はありません。

トライデントコンピュータ専門学校の入学難易度は「1/5点」です。入学試験では面接と筆記テストがあるのですが、特待生選抜ではなくて、一般入学や推薦入学ならば、ほぼ確実に合格できるはずです。

私のときの面接は、面接官が3人で生徒が5人ずつの集団面接でした。私はこの時「トライデントコンピュータ専門学校を志望した理由」や「将来進みたい職業」などについて聞かれました。

トライデントコンピュータ専門学校の在校生満足度は「4/5点」です。学校のみなさんは性格の良い人ばかりで社会不適合のようなチャラ男だったりヤンキーだったりは見受けられませんでした。

トライデントコンピュータ専門学校はコンピューターの専門学校なので、男女ともに文化系タイプが多いよう感じました。

トライデントコンピュータ専門学校の卒業生と就職情報

就職状況 就職内定率99.5%
口コミ情報 特待生選抜制度あり。

ゲームサイエンス学科

「トライデントコンピュータ専門学校」卒業生の主な就職先は、「カプコン」や「DMMGAMES」などのゲーム会社であったり、一般会社でもグラフィックデザイナーやプログラマーという職種が多いです。

就職活動をする点で助かったことは、就職実績がある就活先の企業に行った時に「ああ、トライデントコンピュータ専門学校の生徒さんか」と言われたことです。印象が良いと言われることが多々ありました。

トライデントコンピュータ専門学校では資格サポート体制が整備されています。就活に有利な資格を取りやすいようと、先生が個人的に対策してくれたり、そのための時間を割いてもくれました。

トライデントコンピュータ専門学校の評判・口コミ

トライデントコンピュータ専門学校の特色

トライデントコンピュータ専門学校は、予備校で有名な河合塾のグループ校です。

コンピュータ業界との強固なネットワークにより、業界で活躍する現役のエンジニアやクリエイターから生きた情報を聞くことができる授業や、企業実習による現場体験、そして最先端の設備環境で、業界に求められる資格を効率よく取得します。

「産学共同」体制により、実力向上から就職活動までフルサポートします。

取得可能な資格は、

  • 応用情報技術者試験
  • 基本情報技術者試験
  • ITパスポート試験
  • マイクロソフト認定技術者(MCP/MCITP)
  • ORACLEMASTER
  • Sun認定Javaプログラマ(SJC-P)
  • シスコ認定技術者(CCNA)

です。

トライデントコンピューター専門学校は、膨大な教育ノウハウを元にして授業の教え方や就活の取り組み方に生かしています。学習設備面においてもゲーム専門の実習室やiPhone・iPad実習室、VR開発室など最先端の設備が整っています。

中でも「ゲームサイエンス学科」では特にゲーム分野に特出していて、ゲームに使われるプログラミングやコンピューターグラフィックなど業界に直結した最新技術を指導してくれます。

トライデントコンピュータ専門学校「ゲームサイエンス学科」に入学後学べること

トライデントコンピュータ専門学校の授業では、スマートフォンゲームやオンラインゲームの制作をしたり、ゲームシナリオの企画、家庭用コンシューマーゲームの開発などの専攻分野の授業が実施されています。

すでにゲーム業界で働いている方が講演に来てくれることもあります。

サークル活動においては、実際に自分たちでゲームを作ってコミケに出版したり、eスポーツの大会にエントリーしたりもあります。

私は、情報処理安全確保支援士試験、情報セキュリティマネジメント試験、ITパスポート試験なども受験しました。

トライデントコンピュータ専門学校に入学後のライフスタイル

トライデントコンピュータ専門学校における入学後のライフスタイルです。1コマ90分の授業が午前中3コマ、午後に2コマあります。

昼休憩は1時間です。学校近くにファーストフード店やコンビニエンスストアを利用することが多いでしょう。私の場合、授業後は自分が参加しているサークルの活動をしたり、学習室のコンピューターや設備を使って自習したりしていました。

トライデントコンピュータ専門学校の先生はみな優しくて、実際にゲームのプログラミングをする授業では今の業界に沿った技術を教えてくれました。

専門学校選びの際に迷った学校

トライデントコンピュータ専門学校の他に、私が迷った専門学校は「専門学校HAL 名古屋校」です。

トライデントコンピュータ専門学校を選んだ理由は、CAD学科や情報処理学科などゲーム以外の学科があったことです。そういう人たちと一緒に学ぶからこそ、より多角的にゲーム制作に携われると思ったからです。

また河合塾が経営しているということで、河合塾が持っている長年に渡る実績やノウハウを学び、また利用していくことも就職活動に有利と考えたためでした。

トライデントコンピュータ専門学校の評判・口コミ

卒業生
卒業生
トライデントコンピュータ専門学校のゲームサイエンス学科に入学する上で注意すべきことがあります。ゲーム業界は人気業種ですが、就職を希望者に対して求人の数はそんなに多くありません。
なので、学校でちきんとゲーム制作のノウハウを学んだとしても、希望の職種に入れるとは限りません。
卒業生
卒業生
就職活動に関しては他の事務職や営業職を希望する人に対して、ゲーム業界への就職に関してはまだまだ厳しい状況が続いてます。
ですが、トライデントコンピュータ専門学校のゲームサイエンス学科はその長年の実績や膨大なノウハウで、きっとあなたの力になってくれるはずです。
これからゲーム業界はスマホなどの発展で伸びていく業種だと思いますので、頑張って自分の好きなことを仕事にしてみて下さい。

気になる専門学校には必ず資料請求してください。

学校から送られてくる資料にしか掲載されていない情報が沢山あるからです。今年の募集定員・募集時期・締切日など資料を取り寄せないと解らないことも。

実際に応募しないときにも専門学校選びにと〜っても役に立つので早めに取り寄せておきましょう!r

「やりたいこと」へ一直線!

気になる専門学校の資料を取り寄せておきましょう。

資料請求すると、キャンペーン期間中は1000円分のカードが貰えます。