歯科衛生士

オススメ!【秋田県歯科医療専門学校】⇒学費・偏差値・倍率・口コミをチェックする!(歯科衛生士)

歯科衛生士の宮田です。
歯科衛生士の宮田です。
秋田県歯科医療専門学校の卒業生です。専門学校選びの参考にしてください!

秋田県歯科医療専門学校の学費と入試基本情報

学科 歯科衛生士科(女子のみ)
所在地 秋田県秋田市
学費 85万円(初年度納入金)
選考方法 小論文、面接

歯科衛生士が実際の現場で使用する器具は高価な物が多く、学ぶ分野も多岐にわたるため、秋田県歯科医療専門学校の学費は、決して安くはありません。

ですが、実際の器具を使用して相互実習をして歯科医療の現場に慣れたり、診療補助、予防歯科の分野をはじめ、栄養指導などについても学べるので、就職してすぐでもスムーズに現場に慣れる事ができます。

特に秋田県歯科医療専門学校での、マネキン模型を使っての歯石取り実習はとてもリアルでした。就職してからもその体験が生かされていたと感じます。

秋田県歯科医療専門学校の偏差値と倍率

秋田県歯科医療専門学校には特に偏差値はありません。

秋田県歯科医療専門学校の入学難易度は「4/5点」です。私が受験した時の試験内容は、論文の筆記試験と面接がありました。秋田県歯科医療専門学校のでは特に面接を重要視している事を聞いたことがあります。面接準備をして、しっかりポイントを押さえておく必要があります。

面接でまず必ず聞かれる質問で特徴的なことは「手先の器用さ」についてです。私はピアノを習っていた経験があったので、その体験を交えて答えました。それから、細かい作業が得意かどうかといった事も質問されました。

面接官は5人で、集団面接でしたので、他の受験者の受け答えに左右される事なく自分の意思をしっかり伝えられるかどうかも重要です。

入試倍率は高くならない傾向にあるので、リラックスして面接に臨むと良いと思います。

秋田県歯科医療専門学校の在校生満足度は「4/5点」です。授業内容は相互実習したり、実際の歯科医院での実習をする機会もあります。在学中からよりリアルに歯科医療に触れる事ができる点がとても良かったです。

在校中の満足度(偏差値)は高いです。

\キャンペーン期間は図書カードが貰える /
秋田県歯科医療専門学校の詳細資料を取り寄せる≫

秋田県歯科医療専門学校の卒業生と就職情報(口コミ)

就職状況 歯科衛生士(秋田県内に就職する方が多いですが、東京で就職する人もいます)
口コミ情報 卒業時には、歯科衛生士の国家試験受験資格の他に、介護職員初任者研修修了認定が得られます。

秋田県歯科医療専門学校の卒業後の主な就職先は「歯科診療所」になります。歯科医院、病院歯科及び大学病院等で、歯科医師の補助及びブラッシング指導・フッ化物塗布などを行います。

その他の就職先は老人保健施設や、障害者施設などです。口腔の機能を高めるため専門的口腔ケアを行い、老齢者の生活の質の向上を目指します。

行政機関に就職すると、歯科保健事業の実施計画を立てたり、住民対象の歯科保健指導を行ったりします。歯科関連企業に勤めた際には歯科材料・器材を取り扱う企業にて、商品開発・新商品の紹介や、使用説明をするといった事も出来ます。

秋田県歯科医療専門学校の評判・口コミ・口コミ

秋田県歯科医療専門学校の特色

秋田県歯科医療専門学校では、求人票の見方から履歴書の書き方、面接指導まで担任が十分に時間をかけて、学生一人ひとりの希望に配慮した就職指導を親身になって行ってもらえます。在校生だけではなく、卒業生に対しての就職相談も行っております。

歯科衛生士という職業は、歯科医師と連携をして患者さんの口腔内疾患の予防と治療に従事します。秋田県歯科医療専門学校の歯科衛生士科では、治療の診療補助や、口腔衛生指導などの保健指導について学びます。

また、患者さんの歯垢(プラーク)や歯石を取り除いたり、虫歯や歯周病から口の中の健康を守る予防処置についても、実習を交えながら知識を深める事が出来ます。

歯科衛生士には歯科の医学、医療について高い能力が要求されます。女性が活躍できるライフワークとして、安定性、信頼性をもった職種なので、就職率が高いのも特徴です。

また、秋田県歯科医療専門学校では、介護についての授業や、実習もあり、介護ヘルパー二級の資格も一緒に取得できるのも魅力です。

秋田県歯科医療専門学校に入学後学べること

秋田県歯科医療専門学校では、歯科衛生士の基本業務である診療補助、予防歯科、保健指導の他に、生物学や栄養指導の分野についても学ぶ事ができます。

歯科衛生士は歯の構造や歯の複雑な型を理解する必要があるため、秋田県歯科医療専門学校では一本一本の歯を細くデッサンする授業もあります。

その他に、実際の治療台に座りながら歯の型取りの練習をしたり、歯石除去の練習をしたり、より実際の現場に近い状態での実習が可能です。在学中には介護の実習を受ける事で、介護ヘルパー二級の資格取得が可能になっています。

秋田県歯科医療専門学校に入学後のライフスタイル

秋田県歯科医療専門学校に入学後は、歯科衛生士としての基礎を確実に学べる反面、学校生活は結構厳しかったです。

ネイルはもちろん、化粧も禁止、学校にいる間は髪を結ばないといけないなど規則が厳しく高校生活の延長のように感じました。

生徒は女性だけでしたが女子校にありがちないじめなどは全く無く、教室の雰囲気は良く皆んな仲が良かったです。

テスト勉強の際には、テストに出そうな箇所を皆んなで予想して効率良くテスト勉強をする事ができました。

先生はフレンドリーな人もいれば、いつも文句をつけてくる人もいました。講師の先生は歯科医院の先生も来ますので、歯科のリアルな情報を聞く事ができるのでその点は良いと感じました。

歯科衛生士になる際に迷いは生じなかったか?

私の場合、進学先を選んでいる際に興味のある分野が中々定まらなかったのですが、親戚の方が歯科医院に勤めている事を知り、その時に歯科衛生士という職業がある事を知ったのがきっかけでした。

元々やりたい事が見つからなかったので、他の職種が候補に挙がる事は無かったです。後は、親に手に職をつけた方が将来安定するし、資格を取得した方が今の時代は絶対良いと言われた事も、歯科衛生士を選んだ理由のうちの一つです。

秋田県歯科医療専門学校の評判・口コミ

卒業生
卒業生
歯科衛生士は手を使って患者さんの口腔内を触る職業なので、秋田県歯科医療専門学校の面接の際はかならず爪を短く切っていくようにしましょう。秋田県歯科医療専門学校の授業内容は衛生士業務に対するものだけでなく、様々な分野の授業も受けないといけないため、途中で嫌になりそうな時もありました。実際に、途中で学校を辞めた人もいました。自分が思っていた授業内容と違う事も多々あったので、それらを踏まえて入学前にしっかり考える事が大切です。
卒業生
卒業生
今では歯科衛生士という職業は歯科医院だけでなく、大学病院、保健所での歯科保健指導、介護施設でのブラッシング指導など多くの場面で活躍が期待されます。歯と全身は密接な関係があり、口腔内をキレイに保つ事は健康的な身体を手に入れる第一歩でもあります。患者さんの健康面に携わる事ができ、改善させる事ができる歯科衛生士という職業はとても素晴らしい業務です。患者さんが健康的になり、笑顔になっていくのを体験した時はとてもやりがいを感じます。人のために働きたいと感じている方にはぴったりな職業だと感じます。

\キャンペーン期間は図書カードが貰える /
秋田県歯科医療専門学校の詳細資料を取り寄せる≫

気になる専門学校には必ず資料請求してください。

学校から送られてくる資料にしか掲載されていない情報が沢山あるからです。今年の募集定員・募集時期・締切日など資料を取り寄せないと解らないことも。

実際に応募しないときにも専門学校選びにと〜っても役に立つので早めに取り寄せておきましょう!

「やりたいこと」へ一直線!

気になる専門学校の資料を取り寄せておきましょう。

資料請求すると、キャンペーン期間中は1000円分のカードが貰えます。