IT

【リアルな評判】「大原簿記情報ビジネス専門学校」横浜校の口コミ!⇒学費、偏差値、入試倍率、オープンキャンパス!

富田です。
富田です。
「大原簿記情報ビジネス専門学校」横浜校に通っていました。専門学校選びの参考にしてください!

「大原簿記情報ビジネス専門学校」横浜校の学費と入試基本情報

学科
  • ビジネス・経理・事務・販売(オフィスビジネスコース、OA経理ビジネスコース、経理ビジネスコース、販売・店舗マネージャーコース、経営企画・マーケティングコース、キャリアデザインコース)
  • 公認会計士・税理士(公認会計士コース/公認会計士チャレンジコース、税理士コース/税理士チャレンジコース)
  • 情報処理・SE・プログラマー(システム開発コース、情報ビジネスコース、情報・経理コース)
  • スポーツ・トレーナー(スポーツビジネスコース)
所在地 神奈川県横浜市
学費 122万円~128万円(初年度納入金)
選考方法 特別推薦・推薦・一般入試 書類選考(必要に応じて面接あり)

「大原簿記情報ビジネス専門学校」横浜校の学費は安いと思います。

僕は簿記会計を学ぶ為に通学していましたが、講師の質が高い為、学費は安いと思います。

特に簿記一級や税理士に関しては、難易度も高いので講師の教え方に工夫が必要です。分かり易くかみ砕いた状態で丁寧に教えて頂いた為、不安点も払拭できました。

また、「大原簿記情報ビジネス専門学校」は試験合格率も他の専門学校に対して高い為、安心感と説得力があると感じます。

あと、就職先もサポートして頂いた為、安心できます。

\キャンペーン期間は図書カードが貰える /
大原簿記情報ビジネス専門学校の詳細資料を取り寄せる≫

大原簿記情報ビジネス専門学校・横浜校の偏差値

大原簿記情報ビジネス専門学校横浜校には特に偏差値はありません。

「大原簿記情報ビジネス専門学校」横浜校は、専門学校なので比較的、楽に入学できます。入学にあたり特別な勉強も必要ないです。

強いて言うのであれば、何か強みの1つはあった方がいいでしょう。勉学スキルでもいいですし、対人スキルでも大丈夫です。

面接などでアピール材料として活かせますので。

「大原簿記情報ビジネス専門学校」横浜校の満足度偏差値は4/5点です。大原はやる気が多い生徒が多いので、勉強に集中できます。

また、サークル活動もある為、文武両立出来る人は、サークル参加もオススメです。大学に入学した場合学生期間は4年と長いですが、専門学校は短いです。

集中して勉強したい人にはオススメです。

大原簿記情報ビジネス専門学校・横浜校の卒業生と就職情報

就職状況 就職率 99.5%
口コミ情報 特別奨学生制度、大原学園奨学生制度、日本学生支援機構奨学金制度などあり

「大原簿記情報ビジネス専門学校」横浜校の卒業生には、特に有名人はいません。

卒業生の就職先は、公務員、簿記講師、会計事務所、監査法人などです。

ネームバリューがある専門学校の為、知っている人も多いですし、簿記会計だけでなく、運営している資格はビジネスに必要な知識です。

そういった事から、たとえ資格試験に合格できなくても、仕事をするにあたり、勉強したことを活かせると思います。

ただ、やはり資格に関しては合格した方が評価されるのは、事実ですので合格を第一に勉強した方が良いです。

大原簿記情報ビジネス専門学校・横浜校の評判・口コミ

大原簿記情報ビジネス専門学校横浜校の特色

大原簿記情報ビジネス専門学校横浜校は、きめ細かい授業やオリジナルテキストを使用した効率的なカリキュラムで資格取得を目指します。

経験豊富な担任の先生がつきっきりで向き合い、面接や筆記試験対策もしっかり行います。

取得可能な資格は、

  • 公認会計士
  • 税理士
  • 日商簿記検定試験1級・2級
  • 社会保険労務士
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト
  • サービス接遇検定
  • 色彩検定
  • 全経簿記上級
  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • 情報技術検定1級・2級

などです。

「大原簿記情報ビジネス専門学校」横浜校は、専門知識を蓄える事ができる専門学校です。

2年間の中で多くの資格を身に付ける事ができます。その為、非常に短期間に濃密な勉強をする事になります。

勉強好きな人には、大原での生活は苦痛になりませんし飽きません。

しかし、勉強が嫌いな人は無駄な2年間を送る事になるでしょう。

私が在籍していた簿記コースは、半年間で一級合格できるスケジュールです。平均、一年間もかかる検定試験にも拘わらず、一年間で合格できる事は強みだと思います。

大原簿記情報ビジネス専門学校・横浜校に入学後学べること

「大原簿記情報ビジネス専門学校」横浜校に入学すると、仕事に対応した資格勉強をする事ができます。

資格の勉強に向けて、大原では合格を第一に考えています。つまり、合格するまでの最短距離を教えてくれるのです。

だから「大原簿記情報ビジネス専門学校」に通っていた人の試験合格率が高い事もうなずけます。

ちなみに、大学授業では、試験以外にも仕事でも活かせるような事も同時に教えてくれますが、単純に資格試験のことだけを考えると、合格には時間がかかってしまうでしょう。

「大原簿記情報ビジネス専門学校」に通うと、日商簿記3級~1級、税理士や公認会計士試験に合格することが可能です。

あなたが簿記の知識が無い場合は、簿記からスタートになりますが、知識があるのであれば、税理士や会計士から勉強スタートになります。

そういった点から、あなたの学習進捗状況に応じて、勉強するスタート地点が決まることになります。

大原簿記情報ビジネス専門学校・横浜校に入学後のライフスタイル

大学には、勉強のやる気のない人がいたり、ただ単に大学卒業資格認定の為に通う人が多いです。

資格試験の合格を目指す場合、そういった人達の中で勉強する事は苦痛です。

しかし、専門学校には同じ目標を持った人が多い為、一緒に頑張る事ができます。同じ志をもった人同士だからこそ、互いに頑張りあえるのだと思います。

「大原簿記情報ビジネス専門学校」横浜校の先生は、非常に優しく、厳しいです。教え方は丁寧ですし、合格するまでに必要な道筋も厳しく教えてくれます。

また、「大原簿記情報ビジネス専門学校」横浜校の校舎は、雰囲気も良好です。

専門学校選びの際に迷った学校

私が迷った専門学校は、資格学習の専門学校TACです。TACも簿記試験の合格率が高い為、迷いました。

しかし、大原を選んで正解でした。

大原が良かった理由の一つ目として、資格試験の合格率を挙げることが出来ます。合格率は、大原の方が上である為、安心です。試験の合格実績を考慮した方が良いでしょう。

二つ目としては、有名かどうか?と言うことです。

大原はCMで流れているので、有名な専門学校です。つまり、就職先も大原を知っている人も多い事から、評価されやすいのです。

大原簿記情報ビジネス専門学校横浜校の評判・口コミ

卒業生
卒業生
大原で「学びたいことを明確にして下さい」専門学校の通学期間は2年間であり、あっというまに卒業を迎えます。本気な気持ちと集中できるかに鍵がかかっています。本人次第で急成長も見込めます。そういった点から、高校卒業までに明確な目標が大切になります。また、学歴は高卒扱いになりますので、今後の40年以上の企業選びの際に大卒条件の企業に就職と転職ができない可能性もあります。
卒業生
卒業生
やりたい事がみつかっていて、専門分野に特化した強みを身に付けたいと思うのなら大原に通学することをオススメします。今の時代は、学歴社会よりも実務社会だと感じます。つまり、大学は四年間ですが専門学校は2年間です。早く、社会人になれると同時に専門分野の知識を活かせます。そういった点から、大学と同時に専門学校も視野にいれてもいいと思います。

\キャンペーン期間は図書カードが貰える /
大原簿記情報ビジネス専門学校の詳細資料を取り寄せる≫

気になる専門学校には必ず資料請求してください。

学校から送られてくる資料にしか掲載されていない情報が沢山あるからです。今年の募集定員・募集時期・締切日など資料を取り寄せないと解らないことも。

実際に応募しないときにも専門学校選びにと〜っても役に立つので早めに取り寄せておきましょう!

「やりたいこと」へ一直線!

気になる専門学校の資料を取り寄せておきましょう。

資料請求すると、キャンペーン期間中は1000円分のカードが貰えます。